MBAについて

MBAについて

<h1>MBAについて</h1>

MBAとは

MBA(Master of Business Administration)は、企業経営を科学的アプローチで捉え、経営の近代化を進めるために19世紀末に米国で誕生した経営学の学位の称号で、ビジ ネスにおける最高峰の学位と言えます。日本では、文部科学省による専門職大学院制度の新設に基づく専門職学位課程による経営管理修士 (専門職)と、従来の大学院修士課程で授与される経営学修士の2通りがこれに当たります。特に専門職大学院(ビジネスス クール)は、ロースクールやメディカルスクールと同様にプロフェッショナルスクールに分類され、実務家を養成することを目的としています。

MBA取得によって得られるものとは

サンプル画像

MBAはビジネスの学位であり、医師や弁護士などの資格と違い、MBAを持っていなければしてはいけない仕事というものはありません。それでは、なぜ少なくない投資をしてMBA取得を目指すのでしょうか?MBAプログラムは先達の企業経営者や起業家が成功や失敗から得た知識を、体系的に短期間で習得できるよう構成され た学習プログラムです。ハーバードに代表される、ケースメソッドや、実践的なプ ログラムで、自身の目的とするキャリアアップや、起業家、経営者としての力を鍛え上げることができます。外部環境の変化が激しい現在、ビジネスにおいて最も求められているのが、未知の問題に対応する「問題分析力・解決力」です。ここでキーになるのがビジネスパーソンとしての「視座の高さ」でしょう。瞬時にどれだけ俯瞰して物事を見ることができるかは、流動的な変化を伴うビジネスの現場での判断には大変重要なことです。実務家を養成することを目的としたMBAプログラムで、ファイナンス、事業戦略、マーケティング、プロジェクトマネジメント、リーダーシップといったビジネスに関する幅広い知識を体系的に身につけることによってビジネスをより広い視野で見ることができ、分析力・解決力が身に付くようになるのです。

MBAコラム