SBI大学院とは

学校法人SBI大学理事長 北尾吉孝

北尾吉孝
会社を経営することも事業を構築することもどちらも“人間の営み”です。これまで様々な企業を見、多くの経営者の方にお会いする中で、また私自身の経験から、経営者にとって最も大切なことは“人間学”を学ぶことであると、強く実感しています。事業は決して一人ではできません。多くの人の共感を得て、同じベクトルを持って力を合わせて進んでいく、“志念の共有化”がないと事業は成功しないのです。つまり、経営者の人間的魅力こそが事業を成功させる上で最も大切なことだと考えています。「徳は孤ならず、必ず隣あり」『論語』にもあるように、徳のある人間は決して孤立するものではなく、必ず共鳴者、理解者が現れるものなのです。この人間学の必要性については、経営者だけでなく、リーダーシップが求められる立場の組織人も同様です。もちろん、人間学だけを学べばよいというわけではありません。時流を捉えた実践的経営学、つまり“時務学”を知識や技術として習得することも必要なのです。本学では、これら“人間学”と“時務学”の双方を学ぶ機会を提供し、物事の本質を見抜く力、時代を予見する先見性や大局的な思考、そしてぶれない判断軸を涵養し、新たな社会を切り開く次世代リーダーの育成に努めて参ります。志のある皆様とともに学べることを楽しみにしています。

学校法人SBI大学 理事長
SBIホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長
北尾吉孝

SBI大学院大学学長 藤原洋

藤原洋
2008年創立のSBI大学院大学は、「経営に求められる人間学の探求」、「テクノロジートレンドの研究と活用」、「学びの集大成のとしての事業計画書策定」という3つの特徴を有し、それらをeラーニングで学ぶ、他のビジネススクールにはない極めてユニークな経営大学院です。これらの特徴を維持・発展させるために、SBI大学院大学では、専門性の高さだけではなく、実践経験を重視した教授陣を揃えています。また、卒業生を送り出してから10年以上経過し、起業経験や新規事業開拓経験の豊富な卒業生ネットワークが充実しています。このようにSBI大学院大学は、「人間学」を学ぶことで、高い志を持ち、デジタル技術を駆使し、独創的なビジネスモデルを創出する起業家、新ビジネスクリエーターを社会に送り出し続けています。SBI大学院大学は、次世代を担う皆さんをお待ちしています。

SBI大学院大学 学長
株式会社インターネット総合研究所 代表取締役所長
藤原洋

初代学長のご挨拶