長期履修制度について

学習時間の確保が不安な方へ


悩み

「今後、仕事が忙しくなったらどうしよう…」
「学習時間を確保できるだろうか…」
そんな不安を抱える方のための長期履修制度です。

長期履修制度 3つのポイント

point1

余裕あるスケジュールで学習できます

長期履修制度を利用すると、学習スケジュールにゆとりが生まれます。
仕事や家庭に時間を使いながら、無理のない範囲で学習を進めることが可能です。

point2

学習にかかる負担が軽減できます

2年コースで3科目取ると、通常、週6~8時間の学習時間が必要です。学習期間を4年にすれば1度に取る科目数を減らせますので、学習にかかる負担も軽くなります。

point3

1回あたりのお支払いがお安くなります

履修期間が延びても、学費総額は変わらず2年分のままです。4年コースなら、1年あたりの学費が2年コースの半額となります。

長期履修制度の仕組み

「長期履修制度」を使うと、通常2年間の履修期間が5年まで延長できます。
これは、仕事や育児などのやむを得ない事情により2年間では修了困難と判断される場合に、5年間を限度に計画的な履修を可能とする制度です。
修了までにかかる授業料は変わらず、1年間の授業料負担額が軽減されます。

【 修業年限 】
最長5年。
本人が希望する履修コースの申請に基づき審査し、許可された年数を修業年限とします。

【 授業料 】
標準修業年限の授業料総額を、履修期間で除したものが年間授業料となります。
※IT・教材費は授業料には含まれず毎期発生致します。

具体的には以下のとおりです。

■ 修業年限が3年間の場合 
2,400,000円( 2年間の授業料 ) ÷ 3年間 = 800,000 円( 1年あたりの授業料 )

■ 修業年限が4年間の場合

2,400,000円( 2年間の授業料 ) ÷ 4年間 = 600,000 円( 1年あたりの授業料 )

■ 修業年限が5年間の場合

2,400,000円( 2年間の授業料 ) ÷ 5年間 = 480,000 円( 1年あたりの授業料 )

【 申請方法 】
学期開始日の20日前までに「長期履修申請書」を提出してください。
学内で承認を行い決定となります。
詳細については、SBI大学院大学事務局にお問い合わせください。


学費支払いイメージ:4年間で卒業した場合

学費支払いイメージ

1年目
2年目
3年目
4年目
授業料60万支払い(入学時30万、半年後30万)
授業料60万支払い(前期30万、後期30万)
授業料60万支払い(前期30万、後期30万)
授業料60万支払い(前期30万、後期30万)
授業料60万支払い(入学時30万、半年後30万)
授業料60万支払い(前期30万、後期30万)
授業料60万支払い(前期30万、後期30万)
授業料60万支払い(前期30万、後期30万)

※上記のケースでは「長期履修制度」と「分割払い」を使用しています。



いきなりMBAはちょっと不安という方に
Pre-MBA