教員詳細

中村亨

講師中村亨


【 担当科目 】
【 現職 】
公認会計士 税理士
【 略歴 】
監査法人トーマツを経て2002年に独立開業。
現在は、東京、横浜、千葉、大阪、上海、ベトナムに拠点を置く株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング、 及び日本クレアス税理士法人(旧:税理士法人コーポレート・アドバイザーズ)を設立し、代表に就任。
専門は会計・財務、IPO、M&A、海外進出支援、相続・事業承継、人事労務など。
2007年から5年間、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科講師も務める。
【 著書 】『 ほんの少しの知識で決算書を「使いこなす」技術』(PHP文庫)、 『不況でも利益を生み出す会計力』(東洋経済新報社)など。

M&A基礎

開講期間:秋期前期
カテゴリ:金融・財務
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修
金融・財務M&A基礎応用1

授業の概要

長い間、M&Aは大企業だから可能なものであり、いわゆる中小企業にとっては身近なものとしては考えられてきませんでした。 しかし、昨今、団塊の世代が引退の時期を迎えたことや、国内の内需不振、少子高齢化を背景とした業界再編の必要性と相まって、中小企業であっても、いわゆる「事業承継の解決策」としてM&Aが注目されてきたことにより、M&A自体も身近な経営戦略として普及してきています。
本授業ではM&Aの基礎をわかりやすく身に着けることを目標に授業を進めていきます。

学習目標と計画

【学習目標】
M&Aが企業戦略として求められる時代背景から、買い手、売り手それぞれの目的を理解し、一連の流れをリアルな感覚値として学ぶことでM&Aの基礎を理解する。
また、昨今注目されるPMIを学ぶことで、授業修了時には成功事例が少ないと言われるM&Aの成功確率を高める方法について策定できるようになることを目指す。

【授業計画】
1. 【M&A総論】 M&Aが求められる背景、戦略、目的、プロセス
2. 【M&A各論①】 各種のスキーム
3. 【M&A各論②】 バリュエーション
4. 【M&A各論③】 トップ面談、意向表明、基本合意
5. 【M&A各論④】 デュー・デリジェンス(買収調査)
6. 【M&A各論⑤】 クロージング、各論①~⑤の補足
7. PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション/経営統合作業)

成績評価方法

出席50%+小テスト25%+レポート25%

教科書・参考文献

教科書:「この1冊でわかるM&Aの実務のプロセスとポイント」 (中央経済社)

履修登録時の注意事項・備考

関連リンク