教員詳細

徐 恩之

客員准教授徐 恩之

researchmap
教員ブログへ >>
【 担当科目 】
【 略歴 】

神戸大学経営学研究科修了(2012年)。博士(商学)。福山平成大学経営学部専任講師を経て現職。

マーケティング

開講期間:春期通期/秋期通期
カテゴリ:戦略・マーケティング
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
戦略・マーケティングマーケティングコア2

授業の概要

マーケティングとは、企業の市場に対するアプローチを理論化したものです。新たな環境変化が続いている中、市場適応とともに、顧客との価値創造は、企業にとって重要な問題となっています。
本講義では、市場と企業組織の行動における基本的な概念及び理論に関する基礎的な知識を学び、現代の市場の動向や企業行動に関する実例を用いて、学んだ基礎理論と現実のギャップの内容を確認し、そのギャップの発生理由について体系的に考えていきます。講義は、レクチャー、課題、学生同士の意見交換を通じて進めます。

学習目標と計画

【学習目標】
本講義の学習目標は、次の2点となります。
1)マーケティングの基本概念及び理論を正しく理解する。
2)企業事例や市場のトレンドを、学んだマーケティングの基礎理論に基づいて分析することができる。

【授業計画】

1. マーケティングの考え方
2. 製品差別化
3. 市場細分化
4. 製品ライフサイクル
5. 消費者行動論
6. 新製品開発
7. マーケティングミックス①:  製品とプロモーション
8. マーケティングミックス②:  チャネルと価格
9. 戦略的マーケティング論
10. マーケティングの組織と資源
11. マーケティングにおける関係の理論
12. チャネル関係の構築
13. ビジネスマーケティング
14. 国際マーケティング
15. サービスマーケティング

成績評価方法

視聴30%、テスト20%、ディスカッション10%、中間レポート20%、期末レポート20%

教科書・参考文献

【重要参考書】
高嶋克義・桑原秀史『現代マーケティング論』有斐閣アルマ

【参考書】
石井淳蔵・廣田章光『1からのマーケティング』碩学舎
高嶋克義『現代商業学 新版』有斐閣アルマ
池尾恭一・青木幸弘・南知惠子・井上哲浩 他『マーケティング(New Liberal Arts Selection)』有斐閣
田村正紀『マーケティングの知識』日経文庫

履修登録時の注意事項・備考

事業計画演習(徐)【2018春学期開講分】

開講期間:通年
カテゴリ:演習
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
演習事業計画演習(徐恩之/松澤斉之)  【2018春学期開講分】発展4

授業の概要

本番と同じ前提で、各学生がテーマを決めて企画立案からビジネスモデルの作成を行い、事業計画の設計を進める。計画を実施するに必要な収支計画・資金調達計画なども設計を行い、年2回を想定している発表会において、教員および学外専門家からの評価・指導を頂く。

学習目標と計画

【学習目標】
当大学院の各授業にて習得した知識や方法論を実際に駆使できる能力とするための応用力の強化を目標とする。その上で、各学生自らが起業を行うもしくは企画部門で事業設立を行う前提で、実社会にて通用する事業計画書を作成することを最終目標とする。

【当ゼミの特色】
本演習は、グローバル市場と企業経営に豊富な経験を持ち、長年事業計画のサポートをしてきた松澤講師と本学マーケティング担当教員との協力から成り立つものである。ロジカルな発想と根拠に基づいて、実務の中でわいてきた疑問と問題への答えを、教員とともに探していく。つまり、マーケティングにおける実務と学術の両視点から、事業を計画していくことが当ゼミの特色となる。

【求める受講者】
①消費者、顧客、マーケティング組織で働く人の心理や行動管理に興味が高い人 ②なぜという問いと数量的根拠及び調査データ分析に基づいて計画を立てる練習をしたい人 ③自分の実務での経験や勘を、マーケティングと組織論の既存理論と照らし合わせながら、新たなひらめきを得たいと思う人

【授業計画】

1 オリエンテーション、ミッションステートメント
2 ビジネスモデル、バリュープロポジション
3 マーケティング戦略、市場調査方法
4~15 各自ディスカッション及びテーマ設定
16 中間発表会
17 課題の洗い出し及びフィードバック
18 資金調達戦略、組織設計
19~31 事業計画書作成
32 最終発表会

成績評価方法

最終報告会評価(50%)+中間発表会を含めた平常点(50%)

教科書・参考文献

授業内容とスケジュールに合わせて教員から適時提示する

履修登録時の注意事項・備考

「事業計画演習」は年間で4単位となるため、【春・秋】もしくは【秋・春】 の履修登録の際には、それぞれ2単位(1科目)として扱う。後半学期の履修登録の際には、既に2単位を登録済み(履修中)と考えるので、履修できる単位数は、12期生までの場合は13単位まで、13期生以降の場合は11単位までとなります。
基本的に毎月1回対面授業を予定しています。

関連リンク