修了生の声

← 修了生の声一覧へもどる

修了生の声

人としてどうあるべきか。そこを一番に考えることが経営にとって何より大切なこと。

株式会社エイトワンホールディングス 代表取締役社長 大籔 崇さん

大籔 崇さん

卒業後何をされていますか?

 卒業後は、在学中に計画を練っていた道後温泉のホテルを開業させました。その後、より愛媛を盛り上げるために、今治タオル、みかん、砥部焼、鯛めし等、愛媛の地域資源のブランド化事業に注力しています。そういった活動をメディア等に取り上げて頂く機会も増え、現在は愛媛だけでなく、日本全国の地域資源のブランド化に取り組み、今年の秋に県外ブランド第一号となる東香川市の手袋ブランドがデビューします。今後は地方創生のリーディングカンパニーを目指し、様々なアプローチで地域を活性化できる企業体を目指しています。


SBI大学院大学を選んだきっかけはなんですか?

 当時の私は右も左もわからず経営の道に踏み込んでいたので、経営を学ぶための大学院というフレーズに惹かれました。また、理論だけでなく、実際にSBI自体が様々な事業を展開していること、そして、講師陣も現在進行形の経営者の方が多く、机上の空論ではなく、より実践的な経営学を学べると感じたことが志望の大きな理由です。


入学して変わったこと

 経営に対する感覚が根本的に変わりました。入学するまでは、経営とはどちらかというとテクニック的な部分が重要で、様々な理論や手法を駆使して成功に導いていくようなイメージを持っていました。そのため、多くの知識を学んだ一部の非常に優れた人間にしか成功を掴めない世界なのではないか、というとても大きな壁を感じていました。しかし、そういったテクニック的な要素ももちろん重要なのですが、その前に人としての根本が正しい方向を向いていないと決して成功しない、ということを学びました。まずは、人としてどうあるべきか。そこを一番に考えることが経営にとって何より大切なこと。この意識の変革が自分にとっての大きな変化でした。


SBI大学院の魅力はどんなところにあるか

 授業の内容や講師陣も大変魅力的ですが、個人的には卒業後もSBIグループと繋がりを持てることが何よりの魅力だと感じています。私のように地方で経営を行っている者にとっては、SBIグループのように時代の最先端で様々なビジネスを展開している企業体と接点を持てることは非常に勉強になることが多く、たくさんの刺激を頂けます。そして、実際にSBI大学院では修了生向けの様々なサポート制度をご用意頂いているので、自分の努力次第でこの繋がりを自分のビジネスに活かすことができる可能性があります。この部分は本当に心強く感じています。


人間学から学んだことはどんなことか、また現在どのように活かされているか

 良い人間でなければ良い経営はできない。シンプルですが、経営の真理を突いたこのスタンスを、人間学を通じて繰り返し学び、自分自身の意識として定着させることができたのが大きな収穫です。私はまだまだ未熟で、このスタンスから外れた行動を取ってしまうことがあるのですが、その度に原点に立ち返り反省をしています。経営は日々判断の連続なので、そういった判断の軸を作ることができたことは、卒業後の経営判断において大いに生かされています。

大籔崇|Oyabu Takashi

2010年9月MBAコース修了/株式会社 エイトワンホールディングス
1979年生れ。愛媛大学進学を機に松山へ。在学中はパチンコに熱中し留年。卒業後、税理士資格を目指し専門学校に通いながら株式投資を始める。35万円を15億円に増やした後、株式会社エイトワンを立ち上げ、企業家に転身。「日本の遺伝子を、前へ。」をキーワードに様々な事業を展開し、2015年6月11日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』に出演を果たす。著書に『怒らない経営 しがらみを超え、地元を盛り上げる!』(日経BP社)がある。