教員詳細

小林英幸
【 略歴 】
1980年名古屋工業大学工学部情報工学科卒業、トヨタ自動車工業㈱入社。2011年名古屋商科大学大学院マネジメント研究科修了、MBA。2017年名古屋大学大学院経済学研究科後期博士課程修了、博士(経済学)。2009年大阪市立大学非常勤講師(国際管理会計論)、2011年から名古屋工業大学非常勤講師(自動車工学概論)。トヨタ自動車では内装設計、製品企画、原価企画に従事。1989年から3年間設計者として、及び2003年から4年間原価企画部長として、米国勤務。2012年から4年間、原価企画社内教育主任講師。
【 著書 】
『コストデザイン-トヨタ/研究者の実践コミュニティ理論』(共編)。

オペレーションズ・マネジメント

開講期間:春期通期・秋期通期
カテゴリ:経営数理・問題解決
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
経営数理・問題解決オペレーションズ・マネジメントコア2

授業の概要

企業活動とは、顧客にとって望ましい製品・サービスを創造し、それを顧客にとって望ましい価格で提供することによって利益を得る活動であると言える。本授業では主要な業務及びその連鎖に注目し、それらのマネジメントが優良企業ではどのように行われているか、そこに至るまでにどのような変遷を経たかも交えて概観する。

学習目標と計画

【学習目標】
企業の経営を担う人材として備えておくべき、企業活動の様々な業務についての知識と、それぞれの業務及び業務連鎖を効果的にマネジメントするための手法を習得する。その結果、実際の企業活動におけるオペレーション上の問題に直面したとき、解決策を検討し最適解を導き出す力を身に付けることを目指す。

【授業計画】
1. オペレーションズ・マネジメントとは
2. オペレーションズ・マネジメントの進化
3. 製品開発マネジメント1 概論
4. 製品開発マネジメント2 日本モデル
5. コスト・マネジメント1 概論
6. コスト・マネジメント2 原価企画
7. マネジメント・コントロール・システム
8. 【対面授業】オペレーションズ・マネジメントの問題事例
9. 品質マネジメント
10. 生産マネジメント
11. サプライ・チェーン・マネジメント1 概論
12. サプライ・チェーン・マネジメント2 トヨタ生産方式
13. カスタマー・リレーションシップ・マネジメント
14. 【対面授業】オペレーションズ・マネジメントの優秀事例
15. ナレッジ・マネジメントとIT

成績評価方法

各章の小テスト:60%
対面授業のプレゼン資料:40%

教科書・参考文献

教科書:なし
参考書:授業の中で提示

履修登録時の注意事項・備考

2回の対面授業は次の要領で行う(詳細別途)。
 ・講師から事前に課題の関連資料を提示
 ・各自、課題についてパワーポイントのプレゼン資料を用意
 ・当日の出席者をグループに分け、グループ内で討議
 ・グループ代表を決め、全員の前で紹介、質疑応答

Kaizen at Toyota as Operations Management

※ただいま準備中です。英語での講演映像になります。(2016年12月収録)

事業計画演習(小林)

開講期間:通年
カテゴリ:演習
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
演習事業計画演習(小林英幸) 【2017秋学期開講分】発展4

授業の概要

現実の事業計画と同じ前提で、各学生がテーマを決めて企画立案からビジネスモデルの作成を行い、事業計画の設計を進める。計画の実施に必要な収支計画・資金調達計画なども設計を行い、年2回を想定している発表会において、教員および学外専門家からの評価・指導を仰ぐ。

学習目標と計画

【学習目標】
当大学院の各授業にて習得した知識や方法論を実際に駆使できる能力にするための、応用力の強化を目標とする。その上で、各学生自らが新事業の設立を行う前提で、実社会にて通用する事業計画書を作成することを最終目標とする。

【当ゼミの特色】
・担当教員は新製品開発の企画部門で20年の経験があります。
・サポート教員の黒田達郎先生は、インターネット・ソフトウェア関連事業を中心に、事業開発面、ファイナンス面でのコンサルティングを数多く手掛けてこられました。
・手順を追って洩れや妥協のない事業計画を作成していきます。また、実務で何が起こるかを常に想定して、計画を練り込んでいきます。

【求める受講者】
本気で起業を目指す方

【授業計画】
1. オリエンテーション、ビジネスモデル共有(ゼミ#1)
2-4. ビジョン・理念整理
5. ビジョン・理念検討結果報告(ゼミ#2)
6-8. 市場性/拡張性検討
9. 市場性/拡張性検討結果とその根拠について報告(ゼミ#3)
10-12. 競争優位性/収益性検討
13. 競争優位性/収益性検討結果報告(ゼミ#4)
14, 15. 中間発表会資料作成
16. 資料レビュー(ゼミ#5)、中間発表会
17. 中間発表会での質疑振返り(ゼミ#6)
18-20. 販売計画/システム計画立案
21. 販売計画/システム計画案報告(ゼミ#7)
22-24. 人材採用計画、チームビルディング立案
25. 人材採用計画、チームビルディング案報告(ゼミ#8)
26-28. 資金計画、資本政策、リスク検討
29. 資金計画、資本政策、リスク検討結果を織り込んだ事業計画全体報告(ゼミ#9)
30, 31. 最終報告会資料作成
32. 資料レビュー(ゼミ#10)、最終報告会

成績評価方法

最終報告会評価(50%)+中間発表会を含めた平常点(50%)

教科書・参考文献

適宜提示する。

履修登録時の注意事項・備考

「事業計画演習」は年間で4単位となるため、【春・秋】もしくは【秋・春】の履修登録の際には、それぞれ2単位(1科目)として扱う。後半学期の履修登録の際には、既に2単位を登録済み(履修中)と考えるので、履修できる単位数は、12期生までの場合は13単位まで、13期生以降の場合は11単位までとなります。

関連リンク