独習ゼミ / 科目詳細

No.5

組織論概説

講師:南 学
(SBI大学院大学講師/東洋大学客員教授)

   開講期間:56日間
   カテゴリ:組織・人的資源
標準学習時間開講期間PDU
10.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×7回=10.5時間
56 日間7(T:0, L:7, S:0)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
サンプル動画

※コースの紹介動画です。音声が出ます。


授業の概要

「部下が働かない」「上司が無能」「上層部に危機感がない」というような、組織の課題はなぜ生じるのか。その解決策はあるのか。仕事上で、日常的に感じる経営上の課題を、組織論のアプローチによって客観的に捉える手法を学習します。組織論にはさまざまなアプローチがありますが、本講では、組織論の入門編として、実践的な視点から、当初は個別の特殊事象として捉えられる組織の問題を、課題解決を図る方向で把握し、組織論の概要を把握する手法を解説します。


対象者

ビジネスパーソン全般(若手~経営者)


到達目標

組織論の概要を理解し、経営上の課題を客観的に捉え、優れた組織経営への展望を考える契機となるような、基本的な組織論のアプローチ手法を身につけることを目標とする。


修了条件

全授業コンテンツ(配布資料および動画)の閲覧・視聴を完了し、かつ、各確認テストで合格点を獲得すること(満点の60%以上の得点で合格となります)。


前提条件

特にありません


学習項目

1.組織論へのアプローチ(不満を客観的に捉える)
 ・組織論を学ぶ
 ・組織論の基礎はコミュニケーション
 ・学問としての組織論

2.ミクロ的組織論
 ・サッカーのフォーメーションから
 ・経験からの行動分析
 ・ミクロ的組織論の基礎

3.個人をどう動かすか
 ・中間層の底上げが基本
 ・行動をふやす手法
 ・ほめることの大切さ

4.科学的な行動分析
 ・単純な因果関係の発想からの脱却
 ・行動のフィードバック
 ・行動を促す手法

5.マクロ的組織論へのアプローチ
 ・組織とはなにか
 ・オープンシステム
 ・組織設計の基礎

6.組織論の歴史
 ・人間社会の変遷と組織論
 ・組織論の発展形態
 ・組織論の特徴

7.組織の基本構造とデザイン
 ・組織の基本型
 ・分業の形態別組織構造
 ・分業の基本


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→