独習ゼミ / 科目詳細

No.10

ビジネス課題の解決技法

講師:太齋 利幸
(SBI大学院大学准教授/金融・財務コンサルタント)

   開講期間:112日間
   カテゴリ:経営数理・問題解決
標準学習時間開講期間PDU
22.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×15回=22.5時間
112 日間14(T:0, L:14, S:0)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント

授業の概要

問題解決力は、会社経営だけでなくプロジェクト管理上、更に人生の様々な場面で必ず必要となる技術である事を理解した上で、最初に「問題とは何か」に対する正しい理解力を築き、その上で何故その問題が起こったのか品質管理ツールなど分析技法を習熟しながら原因分析を行います。また、優先順位付けの思考にも言及し、その講義の後に事例研究にて習熟度を高める配慮します。特にテクニックだけでなく考える力の養成にも重点を置きます。


対象者

ビジネスパーソン全般(若手~経営者)


到達目標

方法論として垂直思考、水平思考、また手法としてのブレーンストーミング、ロジックツリー、特性要因図、系統図法、パレート図等を学ぶ事で分析技法を習熟する。次に課題の設定について触れ、解決のための対応策をとして、何を・いつまでに・どのようにという3つをポイントとして、最終的に5W2Hを使ったアクションプランの書き方を学び、問題解決力を磨く。


修了条件

全授業コンテンツ(配布資料および動画)の閲覧・視聴を完了し、かつ、各確認テストで合格点を獲得すること(満点の60%以上の得点で合格となります)。


前提条件

特にありません


学習項目

1.イントロダクション・・・講師紹介、講座の概要、ケーススタディ
講師紹介でじっくり講師の人となりを理解していただき、授業にスムースに入っていただきます。次に、講座全15時間の概要を説明します。続いて、簡単な問題解決失敗例で授業に入ります。

2.問題抽出・・・問題解決のプロセス、問題とは、問題と課題の違い
まず、問題解決技法の基本かつ重要である、問題解決のプロセスについて説明します。続いて、問題とは何か?問題と課題の違いは?何故問題解決ができないかなど基本的なことを考えていただきます。最後に、優先順位付けの思考についても触れていきます。

3.問題抽出ケーススタディ・・・事例1~3
2.をもとに、3つの事例に取り組んでいただきます。ポイントは問題抽出です。正しく問題を捉えられているかがわかります。問題と原因を取り違えるケースが多く見受けられます。

4.MECEとロジックツリー・・・MECEとロジックツリー、ロジックツリーの例題、ケース分析
まず、MECEについて説明します。MECEとは「漏れなくダブりなく」です。そのうえでMECE的考えを基にするロジックツリーを学びます。「HOW」「WHAT」「WHY」の3種類あります。問題解決においては原因分析で「WHY」のロジックツリーを使います。事例で確認します。

5.原因分析・・・原因分析事例、原因分析シート、定量分析(パレート図他)
問題解決で最も重要と言われている原因分析について学びます。ここで、原因分析シートを使ってみます。次に、定量分析に入ります。数字が出てくるので比較的わかりやすい分析です。図や表で表すことが多いです。ここでは、有名なパレート図を学びます。また、QC7つ道具についても触れていきます。

6.定性分析・・・ロジックツリー、特性要因図、親和図法、KJ法、新QC7つ道具他
続いて、定性分析です。数字で表せないものですので難しさを感じますが、多くの手法があります。先ほど出てきたロジックツリー、特性要因図、親和図法、KJ法、新QC7つ道具などの手法を学びます。

7.原因分析ケーススタディ・・・事例1~4
原因分析のケーススタディを4つ採り上げます。原因分析は重要ですのでこの4つで理解を深めます。

8.課題による学習
7.までの知識を総合した課題を授業で取り上げます。

9.課題設定から目標設定・・・課題の設定、目標設定の解説、目標設定シート
ここでは、課題についてしっかりと理解していただきます。この時点では、問題と課題との違いは明確にしてほしいです。そして、課題が決まれば目標設定です。「何を」「いつまでに」「どのレベルまで」つまり2W1Hです。目標設定シートを使って理解を深めます。

10.課題設定・目標設定ケーススタディ・・・事例1・2
課題設定と目標設定の理解を深めるためのケーススタディを2つに取り組んでいただきます。これによって理解を深めていただきます。

11.8.の解答例・・・8.の解答例を解説
解答例を見て、自分との違いを確認してください。

12.実行計画・・・タスク設計、ガントチャート、例題、進捗管理
タスク、タスク設定、タスク設計、ガントチャートと実行計画の流れをしっかりと理解していただきます。これらも事例やシートを使って理解度を増すようにしています。パートCPMの事例も面白いと思います。最後に、進捗管理です。マネジメントサイクルをしっかりと理解していただきます。

13.実行計画ケーススタディ・・・事例1~3
実行計画ケーススタディとして3つ事例を採り上げています。ここは、原因分析からの思考のトレーニングとなります。ガントチャートまでしっかりと作成できるかを学びます。

14.課題による学習
8.と似たような事例を課題として授業で取り上げます。

15.14.の解答例・・・14.の解答例を解説
ある意味、8.の復習と言え、問題解決のプロセスをしっかりと理解しているかどうかを確認できます。


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→