独習ゼミ / 科目詳細

No.1-b

よくわかるマクロ経済-2-

講師:石川 秀樹
(SBI大学院大学客員教授/サイバー大学専任教授)

   開講期間:28日間
   カテゴリ:金融・財務
標準学習時間開講期間PDU
6 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×4回=6時間
28 日間4(T:0, L:0, S:4)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント

授業の概要

企業経営幹部として必要な知識である経済用語、経済データ、経済の仕組み、経済理論を学ぶだけではなく、各々の理論という枠を超えた経済思想について、その思想の社会的背景を踏まえて説明します。その経済思想が、現代の自分のおかれている文脈においては、どのように解釈でき、活用できるのかを理解します。これにより、戦略的な経営判断や経済論理を使った将来の予測やリスクの認識につなげることも可能となります。なお、文系学部出身者が多いことを前提に進めるので、特別な数学的知識は不要です。


対象者

ビジネスパーソン全般(若手~経営者)


到達目標

1.一国経済全体や世界経済の動きを論理的に分析し、それが自分のビジネスや生活にどのように関わるのかを理解する。
2.時代背景を含めて経済思想を学び、現在の経営判断に活用できるようにする。
3.経済論理を使って、将来をどこまで予測でき、どこからは予測できないかを認識する。


修了条件

全授業コンテンツ(配布資料および動画)の閲覧・視聴を完了し、かつ、各確認テストで合格点を獲得すること(満点の60%以上の得点で合格となります)。


前提条件

特にありません


学習項目

-1-
 1. 望ましい経済とは何か? -効率性と公平性-
 2. 市場経済 -アダム・スミスの思想と時代背景から何を学ぶか-
 3. 有効需要管理政策 -ケインズ理論と時代背景から何を学ぶか-

-2- ※本講義は-2-となります
 4. 国内総生産(GDP)・物価の推移
 5. 為替レートの推移と日本経済
 6. 財政の3機能
 7. 財政危機と日本経済

-3-
 8. 金融政策
 9. 選択の自由 -ハイエクとフリードマンの思想と時代背景から何を学ぶのか-
 10. イノベーション -シュンペーターの思想と時代背景から何を学ぶか-

-4-
 11. 景気循環
 12. 経済成長
 13. 格差社会(+複雑系経済)
 14. 少子化と高齢化の日本経済への影響(+フリー経済・シェア経済)


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境