独習ゼミ / 科目詳細

No.9

ロジカルシンキング

講師:太齋 利幸
(SBI大学院大学准教授/金融・財務コンサルタント)

   開講期間:56日間
   カテゴリ:経営数理・問題解決
標準学習時間開講期間PDU
10.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×7回=10.5時間
56 日間7(T:0, L:7, S:0)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
サンプル動画

※コースの紹介動画です。音声が出ます。


授業の概要

ロジカルシンキングの代表的な思考法としてのゼロベース思考、フレームワーク思考、オプション思考、プロセス思考などの考え方を学習し、またMECE、ツールとしてのマトリックス手法やマーケティングの手法、演繹法や帰納法といった考え方など体系的な技術の習得します。現代の多くの若い日本人に対して最も弱いと評価されている考える力を身につけることを第一目標とし、講義では特に感情的判断をしがちな場面を想定して、技術的なテクニックを応用する能力を養います。講義全体を通して、適度に事例研究を出題して実際に考えてもらう機会を多く準備することで、今後携わるであろうプロジェクト案件やビジネス機会で役立てることができます。


対象者

ビジネスパーソン全般(若手~経営者)


到達目標

ロジカルシンキングの代表的な思考法に習熟し、技術的なテクニックを応用して論理的に考え、論理的に結論を導き出す能力を養う。


修了条件

全授業コンテンツ(配布資料および動画)の閲覧・視聴を完了し、かつ、各確認テストで合格点を獲得すること(満点の60%以上の得点で合格となります)。


前提条件

特にありません


学習項目 ※学習項目の番号は動画の章とは異なります。

1.イントロダクション・・・講師紹介、この講座の概要
講師紹介で雰囲気をやわらげ、取り組みやすい状況を作ります。次に、全7章の概略を話します。続いて、ロジカルシンキングをしない失敗例とロジカルシンキングをした成功例を話し、ロジカルシンキングの重要性を理解していただきます。

2.ロジカルシンキングの基礎-1・・・ロジカルシンキングの概要、演繹法、帰納法
ロジカルシンキングとは何かをはじめに学び、これが高まるとどうなるかを知り、そのための手法を紹介します。続いて、基本的な考え方である演繹法と帰納法について理解していただきます。

3.ロジカルシンキングの基礎-2・・・MECE、ロジックツリー、ケース分析
物事を考えるうえで重要な思考としてのMECEについて学び、MECEの考え方を使ったロジックツリーについて詳しく説明します。最後に、ケース分析をしてロジックツリーについての理解を深めます。

4.ロジカルシンキングの基本思考-1・・・基本思考の体系、ゼロベース思考、フレームワーク思考、オプション思考
基本思考の体系をロジックツリーを使って説明します。次に、ゼロベース思考について説明し、例題を用いて理解を深めます。続いて、フレームワーク思考、オプション思考も同様に進めていきます。さらには、ブレーンストーミング、KJ法、オプションマトリックスにも触れていきます。

5.ロジカルシンキングの基本思考-2・・・仮説思考、プロセス思考、ポジティブ思考等
ここでは、仮説思考について説明し、例題を用いて理解を深めます。続いて、結論思考、プロセス思考を学びます。プロセス思考では、AIDMAの法則や商品ライフサイクル分析について学びます。さらには、ポジティブ思考やブレイクスルー思考についても触れていきます。

6.ロジカルシンキングのツール・・・ツールの体系と説明、ケース分析
ツールの体系を説明した後、マトリックスとしてのSWOT分析、PPM、ABCDセグメントとフレームワークとしての3C分析、マーケティングの4P、ファイブフォースについて学びます。最後にケース分析で総合的な理解を深めます。

7.クリティカルシンキング・・・クリティカルシンキングとは、クリティカルシンキングの使用例、まとめ
クリティカルシンキングとは何かからスタートし、ロジカルシンキングとの違いについて触れる。次に、クリティカルシンキングの流れを学んだうえで、キャリアプランニングの手順という例にて、ここまで学んだツールを沢山活用してクリティカルシンキングの理解を深めていく。


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→