独習ゼミ / 科目詳細

No.15

企業経営と会社法

SBI大学院大学専任講師 盧 暁斐


開講期間:112日間
カテゴリ:企業倫理・経営思想
標準学習時間開講期間PDUCPE
19.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×13回=19.5時間
112 日間13.5(T:0, L:0, S:13.5)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
16

授業の概要

会社法は会社を取り巻くステークホルダー間の利害関係を調整し、健全な企業活動を可能にすることを目的とする法律です。本講義では、主として起業・設立、コーポレートガバナンス、コーポレートファイナンス、M&A等を含む会社法規制の基本を解釈した上で、実務上関心のあるテーマを抽出し、その関連判例を分析します。また、現行会社法とその動向を踏まえ、法のあるべき姿を考えると同時に、戦略法務的観点から企業としてどう行動すべきかという「ビジネス・プランニング」的な検討をも行います。


対象者

ビジネスパーソン全般


到達目標

企業の法的リスクが高まる中、会社法をはじめとした企業法務の重要性がますます高くなっています。本講義の目標の一つ目は、会社法の基本的な考え方や重要な制度及び企業における機能をよく理解し、会社をめぐる諸問題を分析・解決する能力を身に着けることです。二つ目は、企業経営者・管理者としてのリーガルマインドの養成とコンプライアンス意識の向上、企業の抱えるリスクをいかに回避・対応するかという「守り」の面と、経営環境の変化と法の変容に対応して会社法を戦略的に活用するという「攻め」の面の両方から実務能力を養うことです。


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了し、かつ、各確認テストで合格点を獲得すること(正答率60%以上で合格となります)。


前提条件

特にありません


学習項目

1. ガイダンス・会社法の全体像
2. 企業形態の選択
3. 会社の設立と会社法
4. コーポレートガバナンスと会社法I
5. コーポレートガバナンスと会社法II
6. コーポレートガバナンスと会社法III
7. コーポレートファイナンスと会社法I
8. コーポレートファイナンスと会社法II
9. 会社の計算と会社法
10. M&A等と会社法I
11. M&A等と会社法II
12. M&A等と会社法III
13. M&A等と会社法IV


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→