教員詳細

沖田貴史
【 現職 】
SBI Ripple Asia株式会社代表取締役 /一般社団法人FinTech協会 アドバイザリーボードメンバー
【 略歴 】
一橋大学商学部経営学科在学中に、米国CyberCash社の日本法人であるサイバーキャッシュ株式会社(現ベリトランス株式会社)の立ち上げに参加。
米国CyberCashの破綻などを乗り越え、2004年10月に大証ヘラクレスへ上場。 2012年に香港にecontext ASIA社を設立し、翌2013年に香港証券取引所に上場。中国銀聯との提携など、日本のみならず、中国・アジアでの決済サービス・ECインフラサービスの普及に尽力。
2015年10月に、10年間務めたベリトランス 代表取締役を退任し、2016年5月よりSBI Ripple Asia代表取締役。 主な公職に金融審議会 専門委員など。日経ビジネスが選ぶ2014年の100人に選出

ネット経済・経営学

開講期間:秋期通期
カテゴリ:戦略・マーケティング
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
戦略・マーケティングネット経済・経営学コア2

授業の概要

ネットビジネスの世界は、わが国の産業界がこれまで培ってきた商慣習等が通用しない世界であるともいえる。企業の成長や事業展開にはスピードが求められ、企業同士の「しがらみ」は薄れて、より顧客志向の対応が必要になる。本講義では、ケーススタディとして、FinTechをはじめとする、いくつかのビジネスモデルの事例をとりあげるとともに顧客戦略等の戦略計画も絡め、ネット時代の経済とネットビジネス経営について概説する。

学習目標と計画

ICTという技術革新によって、ビジネスの世界も様変わりをしようとしている。インターネット時代に求められるビジネスの要諦とは何か。本講義及びケーススタディを通して、受講生がネットビジネスの特性およびインターネット時代の経営戦略について理解することを目標に講義を行う。

【授業計画】
1. 対面授業:オリエンテーション
2. インターネット時代の経済・経営学概論
3. ネットにおける経営の変化-ネット金融業の変革と可能性
4. ネットにおける経営の変化-サービス業の変革と可能性
5. FinTechの潮流
6. 対面授業(前半の振り返りとグループワークの説明)
7. ケーススタディ 株式会社クレディセゾン
8. ネット時代のビジネスの戦略-顧客戦略
9. ITインフラを活用した新たなビジネスの可能性
10. ネットによる経済の変化-グローバル戦略の展開
11. インターネットマーケティング
12. 対面授業:グループワーク
13. ケーススタディ KLab株式会社
14. アジアのイノベーション
15. 対面授業:最終統括と討論

成績評価方法

授業への出席率(15%)+各章課題(45%)+期末試験(記述式を予定)(40%)
※対面授業実施章は対面授業でのディスカッション等を各章課題に準じた評価対象とする。

教科書・参考文献

参考図書:
北尾吉孝著『進化し続ける経営』(東洋経済新報社)、『北尾吉孝の経営道場』(企業家ネットワーク)
ニコラス・ネグロポンテ『ビーイング・デジタル ビットの時代』(アスキー出版局)等
クレイトン・クリステンセン著『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』(翔泳社)

履修登録時の注意事項・備考

①期末レポート提出後、総合成績を勘案の上、再試験を課す場合があります。
②最低受講人数は設定致しません。

【重要】18春学期は休講となります。

FinTechイノベーション概論

開講期間:春期前期
カテゴリ:戦略・マーケティング
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
戦略・マーケティングFinTechイノベーション概論発展1

授業の概要

本講義では、金融とテクノロジーの融合である「FinTech」分野において、どのようにイノベーションが起きているのか、またそのイノベーションを支える環境づくりにに関して、FinTech企業の経営者やベンチャーキャピタリスト、また弁護士などの専門家より、FinTechイノベーションの現状と未来について、学び・思考していきたいと考えます。

学習目標と計画


FinTechの現状ととも、イノベーションを発展・加速させるための仕組み作りについて、実務経験者との対話を通し、新産業が形成させていくダイナミクスを感じ取り、起業家の考え方や理念とその追求方法、あるいは克服すべき課題に関する知識を得ることを目標とする。
【授業計画】
1. 第1回対面授業:オリエンテーション
2.3.第2回対面授業: FinTechイノベーション事例  ※注意事項参照
4. FinTechイノベーションを支える投資環境
5.6. 第3回対面授業:FinTechと法整備 ※注意事項参照
7. 第4回対面授業:授業のまとめ

成績評価方法

各章課題 70% (10点×7回)+レポート 30% (30点×1回)

教科書・参考文献

参考図書:
辻庸介、瀧俊雄著『FinTech入門』(日経BP社)
増島雅和, 堀天子, 石川貴教, 白根央, 飯島隆博(著)『FinTechの法律』(日経BP社)
中島真志著『アフター・ビットコイン』(新潮社)

履修登録時の注意事項・備考

※第2回対面授業では第2章・第3章分の講義を、第3回対面授業では第5章・第6章分の講義を行います。

本講義においては、実際の起業家や企業経営者、専門家などをゲスト講師として招き、講義を行います。貴重な経験を提供してくださる方々に失礼のないよう、積極的にディスカッションへの参加する必要があります。
また、対面授業、公開講義も、多く実施するため、フレキシブルに調整できることが望ましいです。
最少開講人数:3名

事業計画演習

開講期間:通年
カテゴリ:演習
詳細を見る
科目区分科目名担当教員副担当教員レベル単位数必修・選択の別対面
演習事業計画演習(沖田・村上)
【2018秋学期開講分】
沖田貴史村上半次郎発展4必修

授業の概要

本番と同じ前提で、各学生がテーマを決めて企画立案からビジネスモデルの作成を行い、事業計画の設計を進める。計画を実施するに必要な収支計画・資金調達計画なども設計を行い、想定している発表会において、教員および学外専門家からの評価・指導を頂く。

学習目標と計画

【学習目標】
当大学院の各授業にて習得した知識や方法論を実際に駆使できる能力とするための応用力の強化を目標とする。その上で、各学生自らが起業を行うもしくは企画部門で事業設立を行う前提で、実社会にて通用する事業計画書を作成することを最終目標とする。

【当ゼミの特色】
・経営者としての、新産業、新規事業の立ち上げ経験を生かし、インターネットなどのテクノロジーを活用した社会問題の解決に関して、自身の上場経験(日本および香港市場)なども生かした議論を行って参ります。
・副担当教員の村上先生は、金融機関および事業会社において、新規事業の立案のほか、M&AやPMIなどの経験を有し、事業計画の作成、資金調達などの知見を有しています。
・身近な社会問題の解決をテーマとしつつ、上場やその後の成長にも耐えられるような規模感・スケールを伴う事業や産業の創出を共に考えて参ります。

【求める受講者】
①自身の経験・環境に即した社会問題の解決に興味が高い人 ②先端技術を積極的に活用することで、イノベーションを実践していきたい人 ③国際的なビジネス展開を志向、実践したいと思う人

【授業計画】
1. オリエンテーション、事業アイデア、解決課題の発表(ディスカッション)
2. 解決課題の明確化、事業ビジョン、ミッションステートメント(ディスカッション)
3. ビジネスモデル、バリュープロポジション(ディスカッション)
4~15. 各自ディスカッション及びテーマ設定
16. 中間報告
17. 課題の洗い出し及びフィードバック
18. 資金調達戦略、組織設計
19~31. 事業計画書作成
32. 最終報告

成績評価方法

平常点(40%)+中間報告(10%)+最終報告(50%)

教科書・参考文献

授業内容とスケジュールに合わせて教員から適時提示する

履修登録時の注意事項・備考

「事業計画演習」は年間で4単位となるため、【春・秋】もしくは【秋・春】 の履修登録の際には、それぞれ2単位(1科目)として扱います。後半学期の履修登録の際には、既に2単位を登録済み(履修中)と考えますので、履修できる単位数は11単位までとなります。
基本的に毎月1回対面授業を予定しています。

関連リンク