教員詳細

花村信也先生

教授 花村信也


【 担当科目 】
【 現職 】
コンサルタント

【 略歴 】
東北大学経済学部経済学科卒業。デューク大学MBA取得。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修士課程修了、同大学院商学研究科修了、博士(商学)。日本興業銀行、みずほ証券、みずほファイナンシャルグループ常務執行役員を経て現職。

財務会計

開講期間:春期前期/秋期前期
カテゴリ:金融・財政
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
金融・財務財務会計コア1

授業の概要

本講義は、事例を利用して会計の規則が経営にどのような意味をもっているのかを説明し、考えてもらいます。これによって会計の知識を実学に役立てることができるはずです。財務諸表を作成するための知識そのものは、本講義では扱いません。本講義の目標は、財務会計の知識を事例に基づいて考えることにあります。企業が会計規則の変更をする、不正会計が発覚する、などの実例を財務会計の項目ごとに取り上げて考えていきます

学習目標と計画

【学習目標】
1)会計知識を学ぶ 財務会計は、貸借対照表と損益計算書からなります。それぞれを構成する項目を取り上げて、会計規則、その手続きを学びます。
2)事例から理解を深める 会計規則を学ぶと同時に、財務諸表の項目毎に事例を取り上げて、会計規則の理解を深めていきます。
3)企業が実際に開示した会計情報から企業の意図を読みとる 本講義では、会計知識を勉強したあと、不正会計の事例を考えていきます。不正会計は、勘定科目の操作による利益の水増しとなります。個別の事例で、調査委員会の報告書を読んで、会計の勘定のどこを、どのように操作をしたのか、等を分析、考察します。

【授業計画】
1 ガイダンス授業の概要。棚卸資産。棚卸資産の評価方法について
2 固定資産 ①有形固定資産 ②減損会計 ③無形固定資産
3 リース、引当金、退職給付引当金
4 純資産 ①資本 ②ストックオプション
5 税効果会計 ①税効果会計 ②繰延税金資産、負債
6 収益、費用 収益の計上基準
7 金融商品 ①有価証券 ②貸付金


成績評価方法

各章課題20%、視聴が終わった後の掲示板への投稿10% 課題レポート2回 35%×2

教科書・参考文献

参考書:
KPMGのサイトが基本テキストになります。今後、わからないことがあれば、このサイトに戻って確認ができるように慣れてください。
https://area11.smp.ne.jp/area/table/697/cjZRC6/M?S=oipb2qftj
会計規則は変更されます。サイトに慣れて、会計規則を見る習慣をつけてください。日本基準とIFAS基準がありますが、日本基準を説明します。
KPMG 日本基準オンライン基礎講座 動画をみて復習に使ってください
授業は動画を掘り下げて説明します。

履修登録時の注意事項・備考


M&Aの理論と実践

開講期間:秋期通期
カテゴリ:金融・財政
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
金融・財務M&Aの理論と実践
応用
2

授業の概要

本講義は、M&Aの理論と実践について講義をします。内容は、1.企業価値、2.プロセス、ストラクチャー、3.契約 の3パートから成ります。企業価値については計数処理を行います。契約では、株式譲渡契約について文言を確認して行きます。

学習目標と計画

【学習目標】
企業価値計算の仕組みと実際にエクセルで計算できるようになること。M&Aの効果を測定する手法を学び、実際に効果測定ができるようになること。プロセス、ストラクチャーについて理解すること。株式譲渡契約のポイントを理解すること。   

【授業計画】
1. ガイダンス、事前準備、企業価値とは
2. 資本コスト
3. DCF法
4. 会計ベースの企業評価モデル
5. マルチプル法
6. ケーススタディ
7.イベントスタディ
8. 補完性
9. プロセス
10. ストラクチャー
11. 事例 株式譲渡
12. 事例 経営統合
13. 公開買付
14. 株式譲渡契約 1
15. 株式譲渡契約 2



成績評価方法

各章が終わった後での掲示板での投稿20% 課題レポート4回80%

教科書・参考文献

参考書:
M&A契約――モデル条項と解説(著)戸嶋浩二  (商事法務)
取引ステップで考える実践的M&A入門(著)三苫裕 (商事法務)

履修登録時の注意事項・備考


事業計画演習

開講期間:通年
カテゴリ:演習
詳細を見る
科目区分科目名担当教員副担当教員レベル単位数必修・選択の別対面
演習事業計画演習(花村)
【2018秋学期開講分】
花村信也発展4必修

授業の概要

本番と同じ前提で、各学生がテーマを決めて企画立案からビジネスモデルの作成を行い、事業計画の設計を進める。計画を実施するのに必要な収支計画・資金調達計画なども設計を行い、想定している発表会において、教員および学外専門家からの評価・指導を頂く。

学習目標と計画

【学習目標】
当大学院の各授業にて習得した知識や方法論を実際に駆使できる能力とするための応用力の強化を目標とする。その上で、各学生自らが起業を行うもしくは企画部門で事業設立を行う前提で実社会にて通用する事業計画書を作成する事を最終目標とする。

【当ゼミの特色】
収支計画の作成を基本におきます。事業を進めるに当たっての資金調達を外部にどのように説明し、要請するかに重点をおきます。収支計画はエクセルで作成いたします。
辻褄のあった計画書の作り方を学びます。実務に活かしていく視点から勉強、作業をすることが特色です。
参加者相互で掲示板やSkypeなどでディスカッションをしその過程で学びます。

【求める受講者】
やる気のある人。数字の取り扱いを苦にしない人。

【授業計画】
1. オリエンテーション 授業の進め方
2‐5. ビジョン 理念 志
6‐8. 新規性、創造性
9‐11. 収益性 収支計画
12‐15. 市場性 ポジション
16.  中間報告
17‐25. 競争優位性 競合の理解 優位性の確立 根拠
26‐31. プレゼンの作成 模擬プレゼンテーション
32. 最終報告

成績評価方法

平常点(40%)+中間報告(10%)+最終報告(50%)

教科書・参考文献

授業スケジュールに応じて、適宜提示する。

履修登録時の注意事項・備考

「事業計画演習」は年間で4単位となるため、【春・秋】もしくは【秋・春】 の履修登録の際には、それぞれ2単位(1科目)として扱います。後半学期の履修登録の際には、既に2単位を登録済み(履修中)と考えますので、履修できる単位数は、11単位までとなります。

関連リンク