沖田貴史 SBI大学院大学教授

【 現職 】
SBI Ripple Asia株式会社代表取締役 /一般社団法人FinTech協会 アドバイザリーボードメンバー

【 略歴 】
一橋大学商学部経営学科在学中に、米国CyberCash社の日本法人であるサイバーキャッシュ株式会社(現ベリトランス株式会社)の立ち上げに参加。 米国CyberCashの破綻などを乗り越え、2004年10月に大証ヘラクレスへ上場。 2012年に香港にecontext ASIA社を設立し、翌2013年に香港証券取引所に上場。中国銀聯との提携など、日本のみならず、中国・アジアでの決済サービス・ECインフラサービスの普及に尽力。
2015年10月に、10年間務めたベリトランス 代表取締役を退任し、2016年5月よりSBI Ripple Asia代表取締役。 主な公職に金融審議会 専門委員など。日経ビジネスが選ぶ2014年の100人に選出

【担当科目】
ネット経済・経営学
FinTechイノベーション概論
沖田貴史先生

FinTechブログ

進む銀行の24時間化と 利用者の行動変化

銀行の24時間化
日本では午後3時を過ぎると、銀行のシャッターは降ろされ、ATMやインターネットバンキングを使った送金も翌日に処理される。

このことを当然と考えている方も多いのではないかと思うが、実は数年前からこのような銀行業界の常識は変わりつつあり、2018年10月からは、大きく様変わりする。

飲食店や小売店の経営者で、釣り銭の用意が必要という方でもなければ、毎日銀行に足を運ぶという人は、今では稀であろう。
一般に、預金者と銀行との接点は、ATMに移行しており、またその場所も各銀行の支店に限らず、コンビニや駅に設置されているATMを利用する人も増えている。


それらのATMのほとんどは、現在24時間365日稼働している。利用者としては、銀行であっても、コンビニ等の他のサービス産業と同じく、24時間稼働するのが当然という期待を持っても不思議でない。

このような社会ニーズに合わせて、各銀行の基幹システムも24時間化が進み、同行内では24時間送金が行える先も増えている。
例えば、りそな銀行は、自行グループ内口座間の24時間365日リアルタイム送金を2015年より開始している。
「金曜の夕方に振込をしても入金は月曜日になる」という、これまでの常識を打ち破るサービスを、銀行自らが打ち出してきたのである。

一方で、銀行をまたがると、24時間365日の送金は実現できていなかった。その理由は、銀行間決済を司る全銀システムの稼働時間が、「平日午前8時30分から午後3時30分まで」であっためだ。いくら各銀行が24時間化したとしても、中央ネットワークが動いていなければ、送金の24時間365日化は実現しない。

しかしながら、社会ニーズの変化もあり、全銀ネットも10月9日から24時間化に移行する。
ただし、夜間・休日のリアルタイムが実現できるかは送金元・振込先双方の銀行が24時間化されているかにも依る。
当初は午後9時までという銀行も多いようだが、24時間化は加速していくだろう。

24時間稼働の銀行ネットワークという観点では、ブロックチェーンを活用する取り組みも、全銀ネットに先行して開始された。

手前味噌で恐縮だが、私が代表を務めるSBI Ripple Asiaが事務局として参加する「内外為替一元化コンソーシアム」によるものである。

10月4日からは、りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行が先行商用化行として、24時間365日の送金を実現している。
しかも、送金手数料は昼間はもとより、夜間であっても無料だ。

「マネータップ」というスマホアプリの利用を前提としており、1回あたりの上限額も3万円までだが、これにより大きく利用者の行動は変わると考えられる。

これまで少額の個人間送金は、現金で行う人がほとんどであったろう。今後は、300円というような少額でも、銀行振り込みを行うことが常識になるかもしれない。

その時、キャッシュレスは、大いに加速するに違いない。

(月刊BOSS 2018年12月号より)