修了生の声

← 修了生の声一覧へもどる

修了生の声

自分に素直に正直に向き合える。苦手のこと、足りないところを受け入れ、変化と挑戦が楽しめる精神が培われました。

株式会社アンフィニー 専務取締役 田中 勤一さん

田中 勤一さん

SBI大学院大学を選んだきっかけはなんですか?

入学当初はSBIグループの設計事務に関する会社に勤務しておりましたので、進学の機会に恵まれていたこともきっかけとしてはございますが、当時は経営に自信が持てないという状況が続いており、学問として体系的に学びながらMBA(経営学修士)を取得すれば、大きな自信になると考えていました。もうひとつは、SBI大学院大学は、倫理的価値観の育成や徳育を重視し、中国古典を代表とする人間学科目を設置しているなど、特徴的なカリキュラムがあり、経営力だけではなく人間力を高められる大学院であることが魅力的であったこともこの大学院を選んだ理由でございます。

入学して変わったことは何ですか?

田中勤一さん
 まず、仕事が変わりました。ずっと建築関係の仕事をしていたのですが、自分で何か新規ビジネスができないかなと考え、現在の会社に所属しながら、そこでこれまでの経験を活かした新しい事業展開ができればと奮闘しております。そして、「自分軸ができた」ということが、2つ目の変化です。これまで会社に勤めている時も経営側の業務を主としていたので、経営に関するスキルはある方だと思っていたのですが、大学院で改めて経営学を体系的に学ぶ中で、勉強して初めて分かったこと、さらに実践を通して初めて分かったことなど、自分の知らないことが多くあるなと気づきました。そして自分軸ができることで、分からないこと、苦手なこと、自分に足りないところを素直に受け入れることができました。そのことにより、変化と挑戦を楽しめる精神が身についたと感じています。今のビル管理や清掃の仕事は、これまでに経験してこなかった業務分野ばかりです。会社の存続のために、とにかく仕事を掴んで来るなんてこともあり、自分が日々たくましくなっているのが分かります(笑)。繰り返しになりますが、SBI大学院大学に通って、本当に自分に正直になることができました。自分の得手不得手を理解し、受け入れ、いろいろな境遇を持つ学友と切磋琢磨した経験が今の自分を支えていると感じます。
Profile

田中勤一|Kinichi Tanaka
2011年9月MBAコース修了/株式会社アンフィニー 専務取締役
株式会社アンフィニー専務取締役。ビル管理や清掃業を主としながら、自身のこれまでの実績を活かし建築の設計や建物調査など事業の拡大を目指す。