修了生の声

← 修了生の声一覧へもどる

修了生の声

学びに年齢制限はない。自己成長の機会を得て、社会で実践する自信がつきました。

株式会社ファシオ 代表取締役社長 佐々木 英明さん

佐々木 英明さん

卒業後何をされていますか?

佐々木英明さん
 卒業後の2013年1月にSBIグループから支援を受ける形で株式会社ファシオを立ち上げました。SBIグループの事業の一つであったセミナーポータルサイトを「ビジネスクラス・セミナー」という新たな事業として刷新し、会社分割を通して現在の会社設立に至りました。「ビジネスクラス・セミナー」は主催会社で500社、年間18,000くらいのセミナーを掲載しており、Google、Yahoo!で「セミナー」と検索していただくと上位に掲載されるポータルサイトとなりました。また、 SBI大学院大学で学んだ事業計画をもとにして『オンラインLive(ライブ)でセミナー』という事業を始めました。ビジネスセミナーが東京23区に一極集中している中、地方勤務者へ更なる学びの機会を創出することを目的に、東京で開催しているセミナーを大阪・名古屋などの地方都市で生中継し、なおかつ質疑応答ができるというサービスを進めております。


SBI大学院大学を選んだきっかけはなんですか?

佐々木英明さん
 実は、2000年バブルの時にベンチャー企業を経営していたのですが上場できず、その時期はかなり精神的にへこんでいました。ベンチャー企業から2006年にSBIグループにM&Aされグループの一員となりました。 M&A後、新規事業として「ビジネスクラス・セミナー」をやらせていただいたことは、非常に良い環境でした。M&Aされたときは精神的に救われたことも大きく、傷も癒えてきて、もう一度経営やビジネスについて学びたいと思っておりました。その際、SBI大学院大学の募集があったので応募させていただきました。


入学して変わったこと

 大学院は様々なことを一気に学ぶ場所。例えば、金融や経済といったマクロ的な視野で学ぶ分野、問題解決技法などのロジカルな思考を鍛える分野、ブランド・マーケティングのような感性が必要とされる分野、中国古典のような倫理的価値観、人間性を重視する分野、こういったものを一気に2年間で学びました。これは正直言うと、かなり消化不良を起こします。ところが、卒業してから約3年が経ち、次第に自分の中で、学んだことが腹落ちしてくる場面が多く出てきました。「自分自身は常に変化していける、学びに際限はなく、学べば学ぶほど年齢に関係なく成長していける。」その可能性に気づけたことが、自分自身の大きな変化ではないかと感じています。 もう一つは、一緒に学んだ仲間ですね。今の時代、熱く語ることは馬鹿にされるような風潮がありますが、真面目にビジネスや人生の話ができる学友ができたことは、非常に大きな財産になっています。

Profile

佐々木英明|Hideaki Sasaki
2012年9月MBAコース修了/株式会社ファシオ 代表取締役社長