修了生ブログ

大学院と私

受講科目
"自分自身を知ることの大切さ"

振り返ってみるとSBI大学院大学で過ごした日々はあっという間の2年間でした。
経営理論や人間学、多様な経営事例などを通じて多くのことを学ばせていただきました。
特に自分自身の糧になったことは自分自身を知ることの大切さを学べたことです。
重田先生の組織行動学やHRMの授業を通じて、現場での実践行動を報告し、
その行動に対して毎回フィードバックを受けることにより、自分ができていること、
できていないこと、どのように行動すべきか自分への問いをもとに自分自身への評価と
理解を深め、日々何をすべきか考え、実践に活かしていくことの大切さを学ぶことができました。
自分自身ができていないことを素直に認め努力していくこと、忠告やネガティブなフィードバックに
対しても受講前よりも素直に聞き入れるようになり、意識の変化が自分自身の成長に役立っていると実感しています。


——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
2017年3月修了 若松 浩史 
宮城県在住、電線メーカー勤務、一般職
——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
    修了生ブログは、修了生の皆様にリレー形式で「大学院」についてコメントを寄せていただきます。
    受講科目や教員、ビジネスへの実践、現在の活躍などご紹介いただく予定です。