説明会について

← 説明会一覧へもどる
【JCAN・SBI大学共催セミナー】
東京6月9日(金)会場:SBI大学院大学東京キャンパス
時間:18:30 ~ 20:00
ライブ配信6月9日(金)会場:ご自宅等
時間:18:30 ~ 20:00
JCAN・SBI大学共催セミナー 申込へ

JCAN・SBI大学院大学共催セミナー
「アセアンの金融統合と日本ーアジアの金融協力の歩みと今後」

【講演概要】
アジア経済の概況から、ASEAN+3(日中韓)を通じた地域協力、金融統合などを解説していただき、そのような環境変化の中、日本はどうあるべきか、を皆さんと考えていきたいと思います。


【講師】

山寺 智 (やまでらさとる)
アジア開発銀行 経済調査地域協力局 主席金融部門専門官

89年日本銀行入行。2014年10月より現職。アセアン・日・中・韓(ASEAN+3)によるアジア債券市場育成イニシアティブ及び、アセアン中央銀行による金融経済統合に向けた取り組みをサポート。

学 歴
平成元年  3月 慶応義塾大学法学部卒業(学士)
平成6年 11月 ロンドン大学(LSE) 行政公共政策論修了(修士)
平成17年 3月 筑波大学院 経営システム科学専攻修了(修士)
                  
職 歴
平成元年 4月日本銀行入行 
平成2年  4月 日本銀行札幌支店 
平成3年  11月 日本銀行調査統計局 総括グループ
平成5年  6月 London School of Economicsに留学、修了
平成6年  9月 日本銀行営業局 市場課 
平成8年  8月 (財)国際金融情報センター(ブラッセル事務所)出向 
平成11年  8月 日本銀行政策委員会室 政策広報課 調査役
平成14年  8月 日本銀行考査局 金融課・総務課 企画役
平成17年  8月 日本銀行国際局 アジア金融協力センター 企画役
平成20年  8月 アジア開発銀行 地域経済統合室 エコノミスト
平成23年  9月 日本銀行金融研究所 情報技術標準化グループ長
平成26年10月アジア開発銀行 





※JCAN: Japan Chevening Alumni Network (英国外務省チーヴニング奨学生同窓会)






過去に開催したもの


【終了】こちらは2017年5月24日(水)に開催した内容です。

【講師】Honourable speaker: Mr. Greg Mulheirn, Counsellor (Political& Media), British Embassy

※英語でのご講演ですが、パワーポイント資料は日英併記です。

【講演概要】
英国大使館よりグレッグ・マルハーン参事官をお招きして、大成功に終わったロンドンオリンピック・パラリンピックによる地域経済発展についてお話いただきます。ロンドンの経験から東京は何を学ぶことができるのか、みなさんと考えたいと思い企画しました(JCAN事務局)。

【講師紹介】Greg Mulheirn
Jcan講師

01/2016 – present
Political Counsellor, Tokyo
01/2013 – 11/2015
Head of China Bilateral Team, Foreign and Commonwealth Office
06/2010 - 01/2013
Policy Advisor, Emerging Markets, HM Treasury
03/2007 - 05/2010
1st Secretary Economics and Chevening, British Embassy, Beijing
01/2006 - 12/2006 Mandarin Language Training, Beijing University (Extensive level)
10/2003 - 11/2005 Desk Officer, Counter Proliferation Department, Foreign Office
1999 – 2003 ICI Plc, Marketing Manager.

Other Information
● Education: Oxford University; University of London


・日時: 2017年5月24日(水)18時30分~
・会場: SBI大学院大学< http://www.sbi-u.ac.jp/>
     東京駅八重洲南口徒歩1分、フォーシーズンホテルと同じビル
     〒100-6209 東京都千代田区丸の内1-11-1
     パシフィックセンチュリープレイス丸の内9階
(懇親会)近くのお店の予定(希望者)

※地域活性学会:http://www.hosei-web.jp/chiiki/




【終了】こちらは2017年2月9日(木)に開催した内容です。
講師:畑瀬 真理子(はたせまりこ)氏
1990年日本銀行入行、国際局、調査統計局、情報サービス局等を経て現在金融研究所企画役。チーブニング奨学金でケンブリッジ大学に留学
講演テーマ:日本銀行今昔

【講演概要】
さて、クイズです。日本銀行は「ニホンギンコウ」ではなく「ニッポンギンコウ」である。ウソかホントか?
知っているようで知らない日本銀行のあれこれ、その歴史から知られざる役割、そしてお金の話あれこれをご紹介いたします。


【l終了】こちらは2017年1月12日(木)に開催した内容です。

講師:藤田礼子氏(国土交通省)
講演テーマ:「首都圏空港の機能強化」

講師からのメッセージ:オリパラの円滑や開催、さらにはその先を見据え、首都圏の国際競争力の強化、増加する訪日外国人旅行者の受け入れ、地方創生等の観点から、首都圏空港の機能強化に向けて、羽田空港の飛行経路の見直し等により2020年までに羽田・成田両空港の空港処理能力の8万回拡大に取り組んでいます。
 日本経済の発展はもちろんのこと、日本と海外の交流発展のために必要な施策であり、JCANセミナー参加の皆様にも興味を持っていただければ幸いです。


藤田氏
講師 略歴:
東京大学法学部卒
平成4年 4月 運輸省入省(鉄道局総務課)
  7年 4月 大臣官房文書課第三法規係長
  8年 5月 航空局監理部総務課法規係長
  9年 7月 イギリス留学(ロンドン大学 公共政策学修士号取得)
 10年10月 関東運輸局自動車第一部旅客第一課長
 12年 9月 自動車交通局保障課補佐官
 14年 7月 航空局飛行場部関西国際空港・中部国際空港
        監理官付課長補佐
 15年 4月 航空局飛行場部関西国際空港・中部国際空港
        監理官付企画調整官
 16年 4月 総合政策局観光部国際観光推進課観光渉外官
 19年 7月 海事局外航課海運基盤強化政策準備室長
 20年 7月 総合政策局環境政策課地球環境政策室長
 21年 7月 (独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
        国鉄清算事業管理部管理課長
 22年 9月 国土交通省政務三役政策審議室政策官
 23年 6月 観光庁総務課企画室長
 24年 7月 成田市副市長
 27年 7月 国土交通省大臣官房参事官(航空予算担当)

参加費:無料
懇親会: 20時頃から(実費)
【終了】こちらのセミナーは2016年11月10日に開催した内容です。

講師:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポークスパーソン 小野日子氏
講演テーマ:「東京2020大会に向けて:ロンドン、リオの経験から」

講師からのメッセージ:東京2020大会組織委員会スポークスパーソンの小野日子より、来る東京2020年大会に向けた現状や今後の課題などについてご説明します。リオ2016大会は、準備過程では、様々な課題が顕在化し、開催そのものも危ぶまれましたが、結果的には初の南米大会として大成功を収めたと評価されています。そのリオ2016大会に30日余滞在し、東京大会の広報に取り組む中で、今後に向けて多くの学びを得ました。今回は、多くのレガシーを残したロンドン2012大会の経験も踏まえながら、東京2020大会のあり方について、皆様と議論させていただければと考えております。

講師 略歴:一橋大学社会学部卒、外務省入省、91年英国オックスフォード大学PPE修了、リオでの地球サミット、円借款(インドネシア、タイ、モンゴル等)、インドシナ地域メコン川流域開発、WTO担当、米国大使館勤務(広報文化担当)、総合外交政策局政策企画室長、広報文化外交戦略課長、内閣副広報官・官邸国際広報室長、国際交流基金総務部長を経て現職。
参加費:無料
懇親会: 20時頃から(実費)
【終了】こちらのセミナーは2016年10月13日に開催した内容です。

JCAN(英国外務省チーヴニング奨学生同窓会)との共催セミナーを開催。プーチン大統領訪日ということで日露関係に注目が集まる中、中嶋康氏に「日露経済関係の現状と課題-経団連の取組み」をテーマに講演いただきます。モスクワ在住のSBI大学院在学中のヴィクトリア・シパコフスカヤさんもWEBにてゲスト参加します。

講師:中嶋 康氏

講演テーマ:「日露経済関係の現状と課題 -経団連の取組み」

概要:12月15日の首脳会談に向けて、日露関係にかつてないモメンタムが醸成される中、経済分野協力に関しては、安倍総理がプーチン大統領に提示した「8項目からなる協力プラン」をベースに各種プロジェクトの具体化に向けた作業が進展中。経団連日本ロシア経済委員会の前身である日ソ経済委員会が発足してから半世紀以上を経た今、日露ビジネスをめぐる課題にいかに取り組むか、今後の展望も見据え解説いたします。

講師 略歴:1972年リオデジャネイロ生まれ。トリノ大学政治学部フェロー(伊政府給費奨学生)、早稲田大学大学院政治学研究科修了(政治学修士:大隈記念奨学生)、London Business School MBA(British Chevening Scholar)。1998年に経団連入局以降、産業本部や国際協力本部、環境本部を経て、2014年6月より国際経済本部に在籍。G7/B7やG20/B20、経済外交、ロシア・NIS、トルコ、イスラエル、欧州等の各国・地域との経済関係に係る業務を担当。