独習ゼミ / 科目詳細

No.4

組織論概説

南 学

SBI大学院大学講師/東洋大学客員教授南 学

教員コラムへ >>
開講期間56日間
カテゴリ組織・人的資源
【 経歴 】1953年、横浜市生まれ。77年、東京大学教育学部を卒業。同年横浜市役所に就職。89年、海外大学院留学派遣でカリフォルニア大学(UCLA)大学院に留学。帰国後、市立大学事務局、 市長室、企画局を歴任し、00年静岡文化芸術大学文化政策学部助教授に就任。神田外語大学教授を経て、横浜市立大学教授。自治体の経営・マネジメントを研究。また、行政刷新会議の事業仕分けにも民間評価者(仕分け人)として参加。
著書:『自治体アウトソーシングの事業者評価』、『行政経営革命』、『改革エンジンフル稼働』など多数。
標準学習時間開講期間PDUCPE
10.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×7回=10.5時間
56 日間7(T:0, L:7, S:0)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
8

授業の概要

「部下が働かない」「上司が無能」「上層部に危機感がない」というような、組織の課題はなぜ生じるのか。その解決策はあるのか。仕事上で、日常的に感じる経営上の課題を、組織論のアプローチによって客観的に捉える手法を学習します。組織論にはさまざまなアプローチがありますが、本講では、組織論の入門編として、実践的な視点から、当初は個別の特殊事象として捉えられる組織の問題を、課題解決を図る方向で把握し、組織論の概要を把握する手法を解説します。


対象者

ビジネスパーソン全般


到達目標

「組織論の概要を理解し、経営上の課題を客観的に捉え、優れた組織経営への展望を考える契機となるような、基本的な組織論のアプローチ手法を身につけることを目標とする。


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了し、かつ、各確認テストで60点以上を獲得すること。


前提条件

特にありません


学習項目

1. 組織論へのアプローチ(不満を客観的に捉える)
2. ミクロ的組織論
3. 個人をどう動かすか
4. 科学的な行動分析
5. マクロ的組織論へのアプローチ
6. 組織論の歴史
7. 組織の基本構造とデザイン


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→