独習ゼミ / 科目詳細

No.1-a

よくわかるビジネス経済(前編)

石川 秀樹

SBI大学院大学教授石川 秀樹

教員コラムへ >>
開講期間56日間
カテゴリ経営数理・問題解決
【 経歴 】上智大学法学部国際関係法学科卒業。筑波大学ビジネス科学研究科経営システム科学専攻修了、修士(経営学)。2005-6年英国外務省チーブニングスカラーとしてInstitute of Education, University College Londonに留学。新日本製鉄株式会社資金部、鋼管輸出部などを経て現職。日本経営品質賞審査員(2008-2012)、三重県経営品質賞審査員(2008-2012)。専門は、経済学を活用した組織変革、経営評価、教育経営。

著書に、『ケーススタディーで学ぶミクロ経済学』、『じつはよく知らなかった経済のことがスッキリわかる本』、 『名フレーズで学ぶ勝者のロジック』(共著)、『これ以上やさしく書けない経済のしくみ』、 『経済学入門塾』、『経済学と経済学に必要な数学がイッキにわかる』など多数。
標準学習時間開講期間PDUCPE
6 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×4回=6時間
28 日間3(T:0, L:0, S:3)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
4

授業の概要

ビジネスでの活用を念頭に、はじめにビジネスケースにおける課題を提示し、その課題解決のための有効な枠組みとしてミクロ経済学の思考法および理論を紹介します。誤った費用(コスト)分析が誤った判断を引き起こすケースや価格・出店戦略についてのケースなどを扱いながら、ミクロ経済学の理論そのままではビジネスに適用困難な場合には、どのような現実的対策が可能であるかを考えます。なお、数式は多用せず、言葉とグラフによる論理展開によって、文系出身のビジネスマンにも理解できる内容です。


対象者

ビジネスパーソン全般


到達目標

ミクロ経済学の理論を活用して、ビジネス上での課題をより適切に解決できるようにする。


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了し、かつ、確認テストで60点以上を獲得すること。


前提条件

特にありません


学習項目

【前編】※本講義は前編となります
1. 経済学の思考法をビジネスに活かす【エコカー導入のケース】
2. 誤った費用分析が誤った判断を引き起こす【受注可否判断のケース】
3. 市場経済の機能と限界【アウトソーシング判断のケース】
4. ライバルとの駆け引き<ゲーム理論>【価格戦略・出店戦略に関するケース】

【後編】
5. 情報不完全が現実経済をこう変える【大手ブランドのOEMか自社ブランドか判断するケース】
6. 人はなぜ保険に入るのか<期待効用理論>【成果型賃金体系の導入検討のケース】
7. 合理性と非合理性が入り交じる相場の世界<行動経済学>【ネット証券の新サービス企画のケース】


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→