独習ゼミ / 科目詳細

No.3-a

MBA独習 守屋洋の『韓非子』(前編)

守屋洋

SBI大学院大学教授/中国文学者守屋 洋

教員コラムへ >>
開講期間28日間

【 経歴 】中国古典に精通する第一人者として、著述・講演に活躍。「象牙の塔」の学問でなく、現代社会の中で中国古典の知恵がどう生かされているのかを語り、難解になりがちな中国古典を、平易な語り口でわかりやすく説く。日本文藝家協会会員。日本ペンクラブ会員。
著書に『中国古典一日一言』、『中国皇帝列伝』、『完本 中国古典の人間学』、『全訳・武経七書』、『中国古典の名言名句三百選』、『「孫子の兵法」がわかる本』、『兵法三十六計』、『中国古典 名著のすべてがわかる本』、『論語の人間学』、『韓非子』、『決定版・菜根譚』、『リーダーの心得帖』、『帝王学講義』、『諸葛孔明の兵法』、『貞観政要』、『中国古典の名言録』など多数。
標準学習時間開講期間PDUCPE
6 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×4回=6時間
28 日間3(T:0, L:3, S:0)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
×

授業の概要

「中国戦国時代の法家である韓非の著書である『韓非子』(かんぴし)は春秋・戦国時代の思想・社会の集大成と分析とも言える書物であり、人間不信の哲学のうえに立って、権力のあり方を追求している点が特徴です。これまで日本社会が『論語』の説く「性善説」の側に立って運営されてきたため、『韓非子』が唱える「性悪説」は馴染みが薄く、その厳しさは我々には衝撃的です。しかし社会が激変している現代では韓非子流もまた必要となります。後世にも深い影響を与えたと言われているその思想を通じて、『韓非子』独特の性悪説に立った組織管理のコツなどリーダ論を探求します。


対象者

ビジネスパーソン全般


到達目標

韓非子の背景に流れる思想を理解し、韓非子流の所謂人間不信の上に立ったリーダーのあり方について習得する。


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了し、かつ、各確認テストで60点以上を獲得すること。


前提条件

特にありません


学習項目

【前編】※本講義は前編となります
1. 韓非子の思想
2. 理想のリーダー像
3. 組織管理のコツ
4. トップの自滅する原因

【後編】
5. 実権者に仕える心得
6. 現実を生きる人間像
7. 韓非子の名言


PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・本コースのPDUの申請は、コース終了日以降にお願いいたします。
 (「受講開始日と受講終了日」ではなく、「コース開始日とコース終了日」を入力してください。)
・本コースの修了証書発行は、コース終了日以降となります。 (個人の受講終了日とは異なります。)
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→