独習ゼミ / 科目詳細

No.12

実践ビジネス英語

吉田 宣也

SBI大学院大学講師/ネプチューングループ 代表吉田 宣也

教員コラムへ >>
開講期間56日間
カテゴリグローバル・ビジネス
【 経歴 】カリフォルニア州立大経営学部卒。 米国の軍事技術の民生応用や、宇宙ステーション計画などの先端技術から、ゲーム業界まで、幅広いコンサル実績。 1996年から日本に移住、ウイルスバスターのトレンドマイクロ(4704-東証)の初代代表取締役として同社を株式公開。 その後10年間、ソフトバンク・インベストメント(現SBI)投資委員会委員として、1500社以上のベンチャー投資案件を選考・指導。 のち米マサチューセッツ工科大学の企業フォーラムの日本副代表、のち特別顧問。
公式ブログ「エコシステム経営」 http://nobuya-yoshida.sblo.jp/
標準学習時間開講期間PDUCPE
10.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×7回=10.5時間
56 日間××

授業の概要

英語で仕事をする場合には、挨拶や買い物など、いわゆる旅行英会話レベルでは不十分です。本講座においては、社内、社外、出張先、赴任地など、仕事の現場で求められる英語力を、同時に必要となる言語以前のコミュニケーション能力や国際ビジネスプロトコルの研究もからめて勉強していきます。
教材や内容設定においては、すべて欧米企業での実際のやりとりを使っています。


対象者

ビジネスパーソン全般


到達目標

初歩的な英語および英会話はすでにマスターしているビジネスマンを対象に、より実践的な英語力を身につけることを目標にする。またその際、文化や商習慣の違い、国際社会における日本人の弱点を認識、克服に向けた指針となることも目ざします。


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了し、かつ、各確認テストで60点以上を獲得すること。


前提条件

特にありません


学習項目

1. ビジネス英語の四大スキルエリア、英語コミュニケーションの特徴と注意事項、ビジネス・ボキャブラリー
2. 動画によるリスニング訓練:ワイナリーによるワイン店へのプレゼン/読解:Google Form 10-K(1)
3. Skypeでのコミュニケーション(1)/読解:Google Form 10-K(2)
4. Webサイトからの企業概要の読解/Skypeでのコミュニケーション(2)
5. 大学でのプレゼンテーション/大講堂でのスピーチ
6. 米国での会社訪問
7. ビジネスメールを書く


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→