独習ゼミ / 科目詳細

No.3

和田創の『経営幹部の実践営業』

和田創

SBI大学院大学講師/和田創研代表和田創

教員コラムへ >>
開講期間56日間
カテゴリ戦略・マーケティング
【 経歴 】数字立て直し一筋の経営コンサルタント。おもに当事者への「教育」を通じて意識・行動改革を促し、組織風土の刷新、業績の拡大、そして成長の持続を果たす。業種や規模を問わず、多くの顧問先を短期間で高収益体質へ転換させてきた。経験と実績、信念に裏打ちされた指導に対し、トップが絶大な信頼を寄せる。チェンジ=適者生存、クリエイション=価値創造、ソリューション=課題解決を重視。また、「会社を強く大きくしたい」と願う社長の個別相談に応じる。これらと並行し、業績改善の即効性の高い「受注・販売ツール」の活用、「営業省人化と商談自動化」の推進などに力を入れている。
トップ向けに本邦最高峰の「営業精鋭学校」を恒例で開催している。講演を含めた企業などでの教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営、管理、人事(採用)、事業、商品、企画まで幅広い。
『社長の営業力』『結果を出せない営業はこう立て直す』『御社の営業をよくするヒント』などの著書は多数。
標準学習時間開講期間PDUCPE
10.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×7回=10.5時間
56 日間8(T:0, L:0, S:8)
※T=テクニカル・プロジェクトマネジメント、L=リーダーシップ、S=ストラテジー&ビジネスマネジメント
10

授業の概要

売れない時代では、広い意味の「トップセールス」が目標予算達成の推進力になることが多くあります。具体的には、「開発営業」を通じて収益の大幅な積み増しと創出を図ります。本講座は、新規・既存を問わず「有力顧客」へ働きかけ、部門や拠点の業績、そして自分の成績に直結する「大型案件」をまとめるうえで必須となるセオリーとノウハウをきわめてシンプルかつ明快に解説します。「農耕営業」から「狩猟営業」へ、勇気と自信が湧く内容です。


対象者

営業リーダー・営業マネジャー(営業担当者、営業所長、営業部・課長、支社・支店長、取締役)


到達目標

「営業エリート」にレベルアップする。向かい風が吹く市場環境でも、自部門や自拠点、さらに自社の営業を力強くけん引しうる、突出した営業マインドと営業スキルが身につく。とりわけ結果を出せない従来の営業常識や営業習慣から解放され、大きな数字がつくれるようになる。自らの営業成績を劇的に伸ばすとの決意で受講してほしい。また、成績の低迷や不振に苦しむ社員や部下に対して的確に助言を与え、指導を行えるようになる。


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了し、かつ、各確認テストで60点以上を獲得すること。


前提条件

もっぱら決定権者およびキーマンに働きかけられる、堂々たる営業力を養いたい方


学習項目

1. 経営幹部の営業活動の重要性と効用、目的
2. トップセールスの取り組みで守るべき営業の基本
3. トップセールスの成果向上へ押さえるべき営業の急所
4. トップセールスを成功に導くプロセスマネジメントの実践
5. トップセールスの進め方とポイント (1)アプローチ (2)コンタクト
6. トップセールスの進め方とポイント (3)サーベイ (4)コラボレーション
7. トップセールスの進め方とポイント (5)プレゼンテーション (6)クロージング



PDUについて

・本コースは、PDU対象コースです。
・本コース受講により、「公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP®受験資格)」となります。
・PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→