独習ゼミ / 科目詳細

No.18

池田信夫の『イノベーションと成長論』

池田信夫

株式会社アゴラ研究所代表取締役所長/青山学院大学非常勤講師池田 信夫

教員コラムへ >>
開講期間56日間
カテゴリ 戦略・マーケティング
【 経歴 】1978年、東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、
国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを歴任。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』など。個人ブログの他、言論サイト「アゴラ」を主宰。
標準学習時間開講期間PDUCPE
10.5 時間
※各章約1.5時間(動画平均視聴時間80分+確認テストの目安10分)×7回=10.5時間
56 日間x×

授業の概要

「イノベーションの何とか」と題したビジネス書はたくさん出ていますが、そのほとんどは過去の成功事例を列挙して結果論を述べたものです。他方、経済学にはイノベーションについての理論がありません。
しかしイノベーションは成長にとってもっとも重要であり、その法則を理論的に分析することは経営者だけではなく政策担当者にとっても必要となります。
この授業ではイノベーションの本質を理論的に明らかにし、それを応用していろいろな事例を分析し、起業の基礎知識やコストマネジメントを含むファイナンスの基本、プラットフォームの意味などを習得します。


対象者

ビジネスパーソン全般


到達目標

・イノベーションの意味を理解すること
・行動経済学の基本的な概念を身につけること
・プラットフォームの意味を理解すること
・起業のための基礎知識を身につけること
・ファイナンスの基本を理解すること
・成長理論の基本を理解すること


終了条件

全授業コンテンツ(動画)の視聴を完了すること。(視聴未済のコンテンツがある場合は修了と認められません。)


前提条件

特にありません。


学習項目

1. イノベーションはどこから生まれるのか
2. フレーミングの転換
3. プラットフォーム競争
4. ものづくりからアートへ
5. 起業とファイナンス
6. 成長のエンジン
7. 日本の挫折


教材

専用教材をPDFにて配信


動作環境

詳細はこちら→