教員詳細

北尾吉孝

学長・教授北尾吉孝



【 担当科目 】
【 現職 】
SBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員社長
【 略歴 】
慶應義塾大学経済学部卒業後、野村證券入社。英国ケンブリッジ大学経済学部卒業後、野村證券海外投資顧問室、ワッサースタイン・ペレラ・インターナショナル社(ロンドン)常務取締役、野村企業情報取締役、野村證券事業法人三部長等を経て、95年、孫正義氏の招聘によりソフトバンク入社、常務取締役に就任。
現在は、証券・銀行・保険等のインターネット金融サービス事業や新産業育成に向けた投資事業、バイオ関連事業など幅広く展開し、金融を中心とした総合企業グループを統括するSBIホールディングス代表取締役執行役員社長。
幼少より学んだ中国古典に造詣が深く、日本において金融とインターネットを融合させた新ビジネスをSBIグループで確立させ、インターネットを中核としたビジネスや投資事業を通じたベンチャー企業の成長支援にも精通する。
【 著書 】
『「価値創造」の経営』、『E-ファイナンスの挑戦』(Ⅰ・Ⅱ)、『不変の経営・成長の経営』、『進化し続ける経営』、 『北尾吉孝の経営道場』、『逆境を生き抜く名経営者、先哲の箴言』、『北尾吉孝の経営問答!』、『人物をつくる』、『中国古典からもらった「不思議な力」』、『何のために働くのか』、『君子を目指せ小人になるな』、『安岡正篤ノート』、『森信三に学ぶ人間力』、『日本人の底力』、『ビジネスに活かす「論語」』、『日本経済に追い風が吹いている』、『仕事の迷いにはすべて「論語」が答えてくれる』、『出光佐三の日本人にかえれ』、『強運をつくる干支の知恵』、『実践版 安岡正篤』、『修身のすすめ』など多数。

中国古典から学ぶ経営理論

開講期間:秋期後期
カテゴリ:企業倫理・経営思想
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
企業倫理・経営思想中国古典から学ぶ経営理論コア1
-

授業の概要

世界を動かしている為政者や実業家の多くは古典、特に中国古典に造詣が深い傾向がある。
「論語」「孟子」「大学」「中庸」といった「四書」を中心として、幅広く中国古典を紐解き、そこで語られている人間学、哲学的な解釈から現代の企業経営において求められている経営哲学について探求を進める。

学習目標と計画

【学習目標】
代表的な中国古典について、それが書かれた時代的背景についてに理解を深めることで、自ら読解できる力を身につける。
また、人生哲学、経営哲学として示唆に富む内容が深い部分について抜粋して解説することによって、人間学を修養し、一流の経営者としての必要条件を習得する。

【授業計画】
1. 中国古典概論(1) 中国古典に流れる思想的背景
2. 中国古典概論(2) 古典に流れる経営指南の思想 「論語」と君子の条件
3. 中国古典概論(3) 東洋哲学の探求
4. 中国古典概論(4) 東洋哲学のキーワード
5. 「大学」を読む
6. 「孟子」を読む
7. 「孟子」/「韓非子」を読む

成績評価方法

出席率(15%)+小テスト(45%)+期末レポート(40%)

教科書・参考文献

教科書:
『君子を目指せ小人になるな』(拙著、致知出版社)

参考書:
『安岡正篤ノート』『森信三に学ぶ人間力』『ビジネスに活かす「論語」』(拙著、致知出版社)、『逆境を生き抜く名経営者、先哲の箴言』『仕事の迷いにはすべて「論語」が答えてくれる』(拙著、朝日新聞出版)、『いかに生くべきか―東洋倫理概論』(安岡正篤、致知出版社)、『人物を創る』(安岡正篤、プレジデント社)、『実践版 安岡正篤』(拙著、プレジデント社)等

履修登録時の注意事項・備考

①再試験は設けません。
②最低受講人数は設定致しません。
③特別講義として北尾学長の講演映像を配信致します(視聴およびレポート提出あり)。実施については学期開始時にお知らせ致します。

企業倫理コア/選択授業回数取得単位1年次
2年次
7回1単位

教科書・参考文献

教科書:
『君子を目指せ小人になるな』(拙著、致知出版社)

参考書:
『安岡正篤ノート』『森信三に学ぶ人間力』『ビジネスに活かす「論語」』(拙著、致知出版社)、『逆境を生き抜く名経営者、先哲の箴言』『仕事の迷いにはすべて「論語」が答えてくれる』(拙著、朝日新聞出版)、『いかに生くべきか―東洋倫理概論』(安岡正篤、致知出版社)、『人物を創る』(安岡正篤、プレジデント社)、『実践版 安岡正篤』(拙著、プレジデント社)、等

履修登録時の注意事項・備考

①再試験は設けません。
②最低受講人数は設定致しません。
③特別講義として北尾学長の講演映像を配信致します(視聴およびレポート提出あり)。実施については学期開始時にお知らせ致します。

関連リンク