教員詳細

花村信也先生

教授 花村信也


【 担当科目 】
【 略歴 】

東北大学経済学部経済学科卒業。デューク大学MBA取得。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修士課程修了、同大学院商学研究科修了、博士(商学)。日本興業銀行、みずほ証券、みずほファイナンシャルグループ常務執行役員を経て現職。

財務会計

開講期間:春期前期
カテゴリ:金融・財政
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
金融・財務財務会計コア1

授業の概要

本講義は、事例を利用して会計の規則が経営にどのような意味をもっているのかを説明し、考えてもらいます。これによって会計の知識を実学に役立てることができるはずです。財務諸表を作成するための知識そのものは、本講義では扱いません。本講義の目標は、財務会計の知識を事例に基づいて考えることにあります。企業が会計規則の変更をする、不正会計が発覚する、などの実例を財務会計の項目ごとに取り上げて考えていきます

学習目標と計画

【学習目標】
1)会計知識を学ぶ 財務会計は、貸借対照表と損益計算書からなります。それぞれを構成する項目を取り上げて、会計規則、その手続きを学びます。
2)事例から理解を深める 会計規則を学ぶと同時に、財務諸表の項目毎に事例を取り上げて、会計規則の理解を深めていきます。
3)企業が実際に開示した会計情報から企業の意図を読みとる 本講義では、会計知識を勉強したあと、不正会計の事例を考えていきます。不正会計は、勘定科目の操作による利益の水増しとなります。個別の事例で、調査委員会の報告書を読んで、会計の勘定のどこを、どのように操作をしたのか、等を分析、考察します。

【授業計画】
1 ガイダンス授業の概要。棚卸資産。棚卸資産の評価方法について
2 固定資産 ①有形固定資産 ②減損会計 ③無形固定資産
3 リース、引当金、退職給付引当金
4 純資産 ①資本 ②ストックオプション
5 税効果会計 ①税効果会計 ②繰延税金資産、負債
6 収益、費用 収益の計上基準
7 金融商品 ①有価証券 ②貸付金


成績評価方法

各章が終わった後での掲示板での投稿20% 課題レポート2回 40%×2

教科書・参考文献

参考書:
KPMGのサイトが基本テキストになります。今後、わからないことがあれば、このサイトに戻って確認ができるように慣れてください。
https://area11.smp.ne.jp/area/table/697/cjZRC6/M?S=oipb2qftj
会計規則は変更されます。サイトに慣れて、会計規則を見る習慣をつけてください。日本基準とIFAS基準がありますが、日本基準を説明します。
KPMG 日本基準オンライン基礎講座 動画をみて復習に使ってください
授業は動画を掘り下げて説明します。

履修登録時の注意事項・備考


関連リンク