教員詳細

藤田勉
【 略歴 】
上智大学外国語学部英語学科卒業、一橋大学大学院博士課程修了、博士(経営法)。
SBI大学院大学金融研究所所長。一橋大学大学院特任教授。内閣官房経済部市場動向研究会委員、経済産業省企業価値研究会委員、早稲田大学商学部講師、第20回日本証券アナリスト大会実行委員会委員長などを歴任。元シティグループ証券取締役副会長。日経アナリストランキング日本株ストラテジスト部門5年連続1位(2006~2010年)。
【 著書 】
「新会社法で変わる敵対的買収」(東洋経済新報社、2005年)、「三角合併とTOBのすべて」(金融財政事情研究会、2007年)、「上場会社法制の国際比較」(中央経済社、2010年)、「大震災で日本経済はどうなるか」(日本経済新聞出版社、2011年)、「バーゼルIIIは日本の金融機関をどう変えるか―グローバル金融制度改革の本質」(日本経済新聞出版社、2011年)、「コーポレートガバナンス時代のROE戦略」(中央経済社、2016年)他多数。

グローバル金融市場論

開講期間:春期通期
カテゴリ:金融・財務
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
金融・財務グローバル金融市場論応用2

授業の概要

為替相場の変動は、日本経済、企業経営、金融市場に大きな影響を与える。加えて、21世紀になって、ユーロの通貨統合、新興国通貨の台頭、人民元制度の改革など、為替市場や通貨制度において、大きな変動が生じている。そこで、国際金融論の基礎理論を習得したうえで、為替相場を軸にグローバル金融市場を概観する。講義の前半は、外国為替相場の決定のメカニズムを中心に国際金融論の基礎理論を習得する。後半は、世界経済や各国の経済、金融市場の動向を踏まえて、主要通貨の歴史、現状、そして将来を分析する。

学習目標と計画

【学習目標】
実務者や投資家にとって不可欠な為替相場分析の基礎理論を習得し、かつ応用部分で実務的な知識の習得を目指す。講義を通じての基礎的な説明は参考図書で網羅しているので、可能な限り、参考図書を読んだうえで講義に臨むことが望ましい。

【授業計画】
1 国際経済学の基礎理論Ⅰ  
2 国際経済学の基礎理論Ⅱ
3 国際金融論の基礎理論
4 国際収支と対外資産負債の基礎知識
5 外国為替相場の決定要因
6 外国為替相場と株式、債券市場
7 国際金融市場の歴史
8 国際通貨制度とグローバル金融規制
9 円相場の歴史と今後の展望
10 米国経済とドル
11 欧州通貨統合制度とユーロの将来
12 新興国通貨の分析
13 フィンテックと金融市場
14 AI革命で進化するフィンテック
15 ディスカッション

成績評価方法

各章履修状況(40%)+各章確認テスト(10%)+ディスカッション(10%)+期末課題(40%)

教科書・参考文献

参考書:
「グローバル金融制度のすべて」(2012年、金融財政事情研究会)、「円高はどこまで続くか」(2012年、日本経済新聞出版社)、「グローバル通貨投資のすべて」(2012年、東洋経済新報社)、「グローバル金融規制入門」(2015年、中央経済社)、「ギリシャ危機後のマネー経済入門」(2015年、毎日新聞社)、「最強通貨ドル時代の投資術」(2015年、平凡社新書)。いずれも藤田勉著。

履修登録時の注意事項・備考

経済や金融に現在起きていることへの強い関心や、金融や経済をあらためて学び直したいとの強い意欲をもっていること。

グローバル証券投資論

開講期間:秋期通期
カテゴリ:金融・財務
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修
金融・財務グローバル証券投資論発展2

授業の概要

中央銀行の政策は金融市場に大きな影響を与え、それが経済、企業経営に大きな影響を与える。講義の前半は、中央銀行の政策決定のメカニズムを中心に金融論の基礎理論を習得する。加えて、金融政策が債券市場に与える影響を分析する。後半は、株価決定のメカニズムを習得したうえで、世界の株式市場を俯瞰する。株式市場が上昇、あるいは下落すると、それらが経済や企業経営に大きな影響を与える。そこでバブル発生と崩壊のメカニズムを分析する。

学習目標と計画

【学習目標】
実務者や投資家にとって不可欠な債券、株式相場分析の基礎理論を習得し、かつ応用部分で実務的な知識の習得を目指す。講義を通じての基礎的な説明は教科書及び参考図書で網羅しているので、可能な限り、参考図書を読んだうえで講義に臨むことが望ましい。
【授業計画】
1.金融論概論
2.中央銀行の役割
3.世界の中央銀行と日銀
4.金融政策が経済と証券市場に与える影響
5.プルーデンス政策と金融規制
6.世界の債券市場と投資
7.株価の決定要因 
8.バブル発生のメカニズム
9.米国株式市場の特徴
10.欧州株式市場の特徴
11. 新興国株式市場の特徴
12.日本の株式市場の特徴
13.フィンテックと新ビジネス
14.フィンテックと企業経営
15 ディスカッション

成績評価方法

各章履修状況(40%)+各章確認テスト(10%)+ディスカッション(10%)+期末課題(40%)

教科書・参考文献

教科書:「バブルは10年に一度やってくる」(2013、東洋経済新報社)
参考書:「新興国投資ガイドブック」(2011、東洋経済新報社)、「グローバル株式投資ガイドブック」(2012、東洋経済新報社)、「金融緩和はなぜ過大評価されるのか」(2013、ダイヤモンド社)、「2014-2015世界のマネーは米国に向かう」(2013、ダイヤモンド社)、「2020世界のマネーは東京に向かう」(2014、毎日新聞社)、「グローバル金融規制入門」(2015、中央経済社)「日本企業のためのコーポレートガバナンス講座」(2015、東洋経済新報社)全て藤田勉著。

履修登録時の注意事項・備考

経済や金融に現在起きていることへの強い関心や、金融や経済をあらためて学び直したいとの強い意欲をもっていること。

関連リンク