教員詳細

朝倉智也先生

特任教授朝倉智也



【 担当科目 】
【 現職 】

モーニングスター株式会社 代表取締役社長 
【 略歴 】


モーニングスター株式会社代表取締役社長。SBIグループと世界No.1の投信評価機関である米国モーニングスターとの合弁企業を日本で設立し、2004年に代表取締役社長に就任。
中立・客観的な立場からアセットマネジメント業界を俯瞰的に眺め、投資家、金融機関、メディア、政府関連団体等、多数から様々な意見や助言を求められる。
SBIグループでは、SBIホールディングス株式会社の取締役執行役員専務としてアセットマネジメント事業の管掌役員を務め、投資運用業の免許を保有するSBIアセットマネジメント株式会社、SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社、SBIオルタナティブ・インベストメンツ株式会社の役員も兼任。1989年慶應義塾大学文学部卒、1995年米国イリノイ大学経営学修士号取得(MBA)

【 著書】

『新版 投資信託選びでいちばん知りたいこと』、『一生モノのファイナンス入門』、『ETFはこの7本を買いなさい』、『「つみたてNISA」はこの7本を買いなさい』(ダイヤモンド社)『マイナス金利にも負けない究極の分散投資術』(朝日新聞出版)、『ものぐさ投資術』(PHP新書)、「iDeCo」で自分年金をつくる(祥伝社新書)など多数。

アッセットマネジメントの実務

開講期間:秋期前期
カテゴリ:組織・人的資源
詳細を見る
科目区分科目名レベル単位数必修選択必修対面
金融・財務アセットマネジメントの実務応用1

授業の概要

世界経済の発展とともに大きく膨れ上がる投資家の運用資産。その拡大する運用資産に対して、長期で安定した資産運用のソリューションを提供するアセットマネジメント業界の役割が重要視されている。特に我が国は世界で最も高齢化が急速に進み、高齢者の安定した資産運用ニーズと、将来の公的年金に対する不安を持つ若年層への中長期の資産形成のニーズに的確に対応できる人材の育成が求められている。

学習目標と計画

【学習目標】
投資家の適切な資産運用ニーズに、的確な資産運用商品とソリューションの提供できる人材の輩出を目指す。具体的には、様々な資産運用商品の仕組みや内容、ポートフォリオの基礎的理論や特性を理解し、資産運用会社における各業務の内容や一連のプロセスを理解し、アセットマネジメント業界の直面する課題に対し、管理・運営方法を示すことができる能力を身につける。

【授業計画】
1 アセットマネジメント業界各社の役割 (運用会社、販売会社、信託銀行、運用評価会社等)
2 運用会社の実務 (運用・調査、トレーディング、ミドル・バック業務、ディスクロ-ズ関連、商品企画)
3 資産運用商品の特性とポートフォリオ構築理論
4 パフォーマンス評価 (定量評価と定性評価、アクティブファンドとインデックスファンドの評価)
5 運用会社の経営 (ビジネスモデル、人材マネジメント、商品戦略、スチュワードシップコード)
6 アセットマネジメント業界における免許と金融行政の方向性 (フィデューシャリーデューティなど)
7 アセットマネジメント業界の新しい潮流(AI、Fintechを活用した運用、ESGやオルナティブ運用)

成績評価方法

出席率(30%)、課題レポート(30%)、期末レポート(40%)

教科書・参考文献

授業の中で適宜紹介する。

履修登録時の注意事項・備考

特になし。

関連リンク