MBA大学院で学ぶ『テクノロジートレンド』

見出し

 
 昨今、IoT、AI、FinTechなどを代表とするデジタルテクノロジーはかつてないスピードで進化しています。日常生活や社会全体をより豊かにする仕組みやサービスが次々に登場し始めており、ビジネスにおいては新産業、事業創出のチャンスと言えます。しかし、日本国内においては、デジタルテクノロジーの代名詞とも言えるインターネット技術が、情報通信産業の限られた領域でのイノベーションとして捉えられてきました。このことは、テクノロジートレンドがもたらすイノベーション、つまり産業構造の創造的破壊に対し企業として、ビジネスパーソンとしてどう対応していくかが今後大きな課題になるということを示唆しています。
 そこで、SBI大学院大学では「21世紀の中核的産業を創造し、担う次世代経営者を発掘・育成する」という大学設立時の理念に基づき、今後のビジネスに不可欠なテクノロジートレンドを体系的に学び、実践に活かすためのカリキュラム「MBA単科」を設置いたしました。MBA大学院だからこそ提供できる確かな学びを是非この機会に受けてみてはいかがでしょうか。


MBA単科とは

MBAプログラムを1科目から受講できる

 MBA単科では、MBA本科の豊富な科目の中から1科目から学習を始めることができます。学びたい分野や高めたいスキルが限られている方にお勧めのコースとなります。また、取得した単位はMBA本科へ移行することができますので、将来MBAの取得を目指している方は、実際に授業を体験した上でMBA本科への出願の意思決定をすることができます。

MBA単科の主な特徴

主な特徴

  • MBA本科の授業を1科目から学べる!
  • 取得した単位は、MBA本科出願時に引き継げる
  • WEBで簡単申込

開講期間

 SBI大学院大学では、1年を春学期(4月~8月)と秋学期(10月~2月)の2学期に分けた「セメスター制」を導入し、さらに学期ごとに「前期」、「後期」に分けたカリキュラムを編成しています。授業の開講期間や単位構成については、学期ごとに開講する「通期科目(2単位)」の他、「前期科目(1単位)」「後期科目(1単位)」の3種に分けられます。

4月〜8月
春通期(2単位)
春前期(1単位)春後期(1単位)
秋学期(10〜2月)
秋通期(2単位)
秋前期(1単位)秋後期(1単位)

マルチデバイスに対応した学習システム

大学院
 本学では、マルチデバイスに対応したオンライン学習システムを採用しているため、PCやスマートフォン、タブレットさえあれば、いつでもどこでも学習が可能です。仕事が忙しい方やまとまった時間がとれない方でも、通勤時間やお昼休み、週末のまとまった時間に学習するなど、自分の生活スタイルに合わせて学習スケジュールを組むことができます。


科目紹介

IoT・BigData・AIの概要と事業化

サンプル画像2
SBI大学院大学 副学長
藤原洋
秋期通期/2単位

2020年に向けてインターネットの技術革新の中で、最大のインパクトをもたらすのが、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)革命である。IoT時代には、人だけではなく、あらゆるモノ(センサー、機器等)が、インターネットによって相互接続され、膨大なデータ(Big Data)が発生し蓄積される。さらに、この膨大なデータ処理を行うには、人間の知能を超えるAI(Artificial Intelligence、人工知能)が、必要となる。IoT革命によって、これまでインターネットに関係の深い産業だけでなく、無関係だった産業においても構造変化が起こる。本講義では、IoT、Big Data、AIにおける技術革新の概要と、これらによる新事業創出のポイントについて述べることとする。

FinTechイノベーション概論

フィンテック
SBI大学院大学 特任教授
沖田貴史
春期前期/1単位

本講義では、金融とテクノロジーの融合である「FinTech」分野において、どのようにイノベーションが起きているのか、またそのイノベーションを支える環境づくりにに関して、FinTech企業の経営者やベンチャーキャピタリスト、また弁護士などの専門家より、FinTechイノベーションの現状と未来について、学び・思考していきたいと考えます。FinTechの現状ととも、イノベーションを発展・加速させるための仕組み作りについて、実務経験者との対話を通し、新産業が形成させていくダイナミクスを感じ取り、起業家の考え方や理念とその追求方法、あるいは克服すべき課題に関する知識を得ることを目標とする。

グローバル金融市場論

サンプル画像3
金融研究所 所長
藤田勉
春期通期/2単位

為替相場の変動は、日本経済、企業経営、金融市場に大きな影響を与える。加えて、21世紀になって、ユーロの通貨統合、新興国通貨の台頭、人民元制度の改革など、為替市場や通貨制度において、大きな変動が生じている。そこで、国際金融論の基礎理論を習得したうえで、為替相場を軸にグローバル金融市場を概観する。講義の前半は、外国為替相場の決定のメカニズムを中心に国際金融論の基礎理論を習得する。後半は、世界経済や各国の経済、金融市場の動向を踏まえて、主要通貨の歴史、現状、そして将来を分析する。

オペレーションズマネジメント

オペレーションズマネジメント
SBI大学院大学 教授
小林英幸
春期通期/2単位

為替相場の変動は、日本経済、企業経営、金融市場に大きな影響を与える。加えて、21世紀になって、ユーロの通貨統合、新興国通貨の台頭、人民元制度の改革など、為替市場や通貨制度において、大きな変動が生じている。そこで、国際金融論の基礎理論を習得したうえで、為替相場を軸にグローバル金融市場を概観する。講義の前半は、外国為替相場の決定のメカニズムを中心に国際金融論の基礎理論を習得する。後半は、世界経済や各国の経済、金融市場の動向を踏まえて、主要通貨の歴史、現状、そして将来を分析する。

その他、豊富な科目群から様々な科目をご受講いただけます。

申込方法

科目を選ぶ

科目を選ぶ

MBA本科の科目から受講したい科目を選択
※開講科目一覧をご参照ください

フォーム入力

フォーム入力

本サイトからお申し込みできます

授業料の振込

授業料の振込

申込後、振込先口座のご連絡をいたします

授業開始

授業開始

授業開始前にオリエンテーションを行います