野間先生金融ブログ

金融機関・地銀 IMFも警鐘を鳴らしている日本の地銀経営の将来
外貨準備高 米国債の海外勢保有高統計が示す米国、中国、日本の「一連托生」関係
GDP・中国 「一人当たり名目GDP」から見た中国の国民の豊かさについて
家計部門の金融資産 私たちの家計はどれくらいの金融資産を保有しているか
法定金利 120年ぶりの「法定利率」の引き下げについて
野間修

【略歴】 
神戸大学法学部卒業。財務省(旧・大蔵省)に入省し、主に国際金融局にて、税・財政、金融検査官、米国経済、国際通貨基金(IMF)や国際収支、ODAなど、幅広い分野の実務に従事。シンガポール国立大学にて2年間の客員研究員も。財務省退職後は宮崎公立大学地域研究センター主任研究員に就任し、地域経済の研究に従事。地元ラジオ経済番組への定期出演や市民向けの金融セミナーの講師役も。
2017年3月、惜しまれながらSBI大学院大学を退官。大学創立メンバーの一人で、在任時は「国際金融論」「金融概論」を担当し、最新の講義データと優しい物腰で多くのファンを持つ。
大学1年の時、武道館コンサートに行き、リバプールに三回訪問するなど、長年のビートルズマニア。
野間先生